縄文

  1. HANDMADE WORKS

    その境界線

    流域の泥師、泥蜂融越先生のこつぼも…。小花器も…。石と泥を主としながらも、なんというさまよ。焼きもせず、なぜに崩れん。…

  2. HANDMADE WORKS

    じるいじる季節かんじる(果実編)

    季節ごとに目につく実っ玉。がしかし、自分が認識しているよりもそれができはじめている季節はだいぶ早く、季節外れ。柿といえば秋のイメージでいると、6月下旬…

  3. LIFE

    彫る・撮る・漁る日々

    2022年という日をかつての自分は想像できたのだろうか…。子どもの頃の2020年代というのははそれはそれは遠い未来のことのようなイメージ。銀色に輝く金属製の乗…

  4. HANDMADE WORKS

    マンモスを狩るのをやめた日

    それは今の僕たちのすぐそばにあるもの。様々な歴史を物語る遺品というのか、なかなか重々しいもの。いったい誰がいつ頃使っていたのか、何のために使っていたの…

BLOG

CALENDAR

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

LATEST ARTICLES

  1. カワシオグサの可能性
  2. 夏至る、桶を片手に沢へ
  3. ウナギヌルによるタンパク処理有効性の検証(じるいじり)
  4. じるいじる季節かんじる(川藻編)
  5. 丑三徘徊川海老さんど
  1. AYU

    春のカワウはおそろしい
  2. AYU

    失わない逞しさ鮎の塩焼き
  3. AYU

    人はセガセガ、アユは一瀬一淵ゆっくりと
  4. FISHES

    【那珂川水系産BambooRure】~トップウォーター竹リップクランクからの…~…
  5. HANDMADE WORKS

    希少大匙、親戚の兄ちゃん姉ちゃんち
PAGE TOP