HANDMADE WORKS

  1. ご縁というのはほんとに

    やはり産んでましたね…気候変動のあれやこれやありますけど、なぜにこうあれなんでしょうね~ってうことがとても多いです。これまでのもろもろの時間の…

  2. 導かれるままに進むのみ

    ブログ運営開始からもうじき6年が経とうとしています。わざわざ時間とお金をかけて、なぜやるのかと思われるようですが、僕なりに理由があるものですから続けています。…

  3. その境界線

    流域の泥師、泥蜂融越先生のこつぼも…。小花器も…。石と泥を主としながらも、なんというさまよ。焼きもせず、なぜに崩れん。…

  4. おんこくさいの野冒

    野良冒険野冒(やぼう)…たのしいたのしい、じるいじりやはり色々いじった結果、柿渋最高だということ。体感しました…

  5. 「々」限りある時間のなかで

    手を動かしているときは「無」……「無」では決してないことをこれでもかというほどに感じています。想像以上に頭の中をグルグルとザワザワと、様々な音や思いが…

  6. 世界に一つだけの玉(じるいじる季節かんじる)

    最高気温20℃を越え、汗でじめついた足回りや脇下では蒸かした大豆が納豆化しそう。そんな春に僕はこの町で、いったい何をしているのだろう。とあるレミオロメ…

  7. 希少大匙、親戚の兄ちゃん姉ちゃんち

    山の頂上付近から青緑色の大河を望むと、そこにはたくさんの鮎師の姿がありました。ぼくには到底手を出せないであろう深々とした大河に立ちこむ鮎師の姿に少々ひ…

  8. じるいじる季節かんじる(ちたけ編)

    6月のこと。川沿いにいると雑木山の方からチタケ臭ガンガンだったので…こりゃ出たな。っと思ったけれどもでてはおらず、随分と時期がずれ込んで…ついこないだくらいが…

  9. じるいじる季節かんじる(果実編)

    季節ごとに目につく実っ玉。がしかし、自分が認識しているよりもそれができはじめている季節はだいぶ早く、季節外れ。柿といえば秋のイメージでいると、6月下旬…

  10. じるいじる季節かんじる(まえおき)

    なんとま~きれいなんでしょうか。ヤマアジサイ。そしてイワタバコの花。そしてこれ、タマムシ。もう、言葉が…

BLOG

CALENDAR

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

LATEST ARTICLES

  1. あれから10年、今日は最高の春遡日和
  2. 断続的に帯、発達は出水のあとに
  3. 流星群のごとく、重圧い流れを越えてゆく
  4. 向こうと…こっちと
  5. 鮎は鮭稚魚を越えて、栃木へ
  1. AYU

    那珂川鮎解禁2022
  2. HANDMADE WORKS

    魚類妄想生態学会~サケマス分科会~
  3. LIFE

    那珂川水系産の南天箸づくり
  4. HANDMADE WORKS

    じるいじる季節かんじる(まえおき)
  5. FISHES

    【開幕】那珂川サクラマス2022
PAGE TOP