THE OTHERS

サイがみたセカイ~ジュラ紀と現代~

春の那珂川。
ニゴイ…251…。
この辺じゃ、ニゴイはサイと呼ばれます。
サインボ、サイメ。

完全に外道扱いが強い魚です。
本流でサクラマスをやっていると対岸の方が何かをかけた。
ランディングしたあとの扱い…足で魚を扱っている…。
あ~…ニゴイだな・・・・と。

私も…ずっと手荒な扱いをしてきたと思います。
でも、昨年の春から思いに変化がありました。

https://www.instagram.com/p/ByklDzvnSaW/

とにかく、ニゴイって美しいと・・・。


ランディングネットにインすることがニゴイを大切に扱うことかどうかは、ひとまず置いておいて…
インしてじっくりニゴイを観察する。

この行為をいままでしてこなかった…完全な食わず嫌い。

その姿に圧倒されるまでは。

神の魚シルバーマハシール

まるで、ネパールやインドに棲息する神の魚…ゴールデンマハシールのよう。
フィッシュイーターのコイ科の魚なのも共通!?
ゴールデンではなく銀鱗なのでシルバーマハシール。

でもよく見ると、ゴールデンでも良いくらい黄金色をも放ちます。

その美しさに魅了されて、じっくり観察した記録。
それは次回紹介させていただくこととして。
今回は……。

サイの眼にうつる世界

神の魚といわれるサイの眼。
そこにうつる昔と今。
サイがみた世界がそこにはありました。

黒眼をじっくりご覧ください。

眼の美しさに心奪われていると…黒眼の中に何やらいる…。
星がきらめきはじめた夕暮れ。そこに舞う翼竜(右下です:スマホだと暗めな画像にうつるかもしれませんがその場合は明るめ設定でご覧ください)。何やら空には真っ黒な雲があり、何者かが目を光らせています。恐竜時代の終わりを案じているような光景。ニゴイの眼には映し出されていました。
そして、こちらには…魚!?
こちらは…はっきりと遡上する天然アユの姿が。今年の大量遡上を映し出しています。

ニゴイは神の魚で間違いない。
少なくとも那珂川ではそうだということにして…
サイがみた?みている?セカイはとにかく壮大で美しい世界であるようです。

サイは現代のアユも昔のアユも知っているのでしょうか。
ぜひ、那珂川の「生き字引」サイと話をしてみたい。

プテラノドンの飛び方も具体的に教えてほしい。

より親密にサイとなれたらと思う…今日この頃です。

「茶の味」八十八夜の那珂川水系前のページ

細なサイの彩~那珂川マハシール~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. FISHES

    ナマズ半分青い

    見れば見るほどナマズ。キャットフィッシュまさに猫。観察します。…

  2. FISHES

    羽衣まとうシーラカンス

    雨っぷりで那珂川増水。ノロも場所によってはしっかりとびまして、白っ川…

  3. FISHES

    リズムは4、生活としての釣り

    寒暖差が気になりだした10月のこと。川沿いの朝は特有の霧に覆われて、…

  4. FISHES

    「三種の団子」那珂川の蟹魚でん

    蟹魚でん。かにぎょでん。おでんです。モクズガニ出汁で…

  5. FISHES

    ぬめり・髭・迷彩~泥濁りの那珂川水系~

    田植えの時期。どうしても那珂川水系は濁りがとれません。泥が田んぼから…

  6. FISHES

    三種のじる、骨の髄まで

    那珂川の増水で川は一気に秋ムード。産卵シーズン突入です。ここからは次…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    羽衣まとうシーラカンス
  2. FISHES

    Hello Riverline world!
  3. ACCESSORY

    ブラックマス~那珂川の流木鱒~
  4. FISHES

    陶漁人「すなどん」おたきあげ
  5. FISHES

    見慣れない角度からシロザケ
PAGE TOP