LIFE

春はさみしさをこえてやってくる

朝はクリアーでも…

日中は花粉でかすんでしまう…

春の景色を何とかクリアーに見ることはできないだろうか…

オイカワたちの活発化が示すように鮎の遡上は順調。
5年の観測でわかったことは、かわらず決まった時期に遡上があるということ。

著しい渇水でもその遡上行動は停滞することなく進む。
そう、僕らが想像するよりはるかに彼らは逞しい。

那珂川から鮎を送りだして、そして帰ってきて、その秋と春とではまったく別の鮎だけれど、毎年決まった行動をするというのはなんとも不思議というか、神秘的。

そんな神々しい鮎は空をも飛べる僕らの力を持ってしたら、たいへんにもろい。
それを忘れてはいけない。

昼の温かな空気と朝夕の寒さ。
かすんだ薄い空気はこの春のさみしさを際立たせて…そしていつもあの三陸に想いがむかう。

今年の春はまた昨年と違った春です。

作業場の建具は古道具屋さんでそろえたもの。
ガラスのモワモワや木の質感や戸の重み、匂い…。

玄関を含め、全部で8枚。
枠に合うものを選ぶのは普通たいへんなようですが、しっくりとあったんですよね、これが。

建具の色合いをそろえるためにやすり掛けしたり、高さを調整したり、レール付けたり、ガラスについていたペンキをおとしたり…
相当大変でしたが、色々とアイデアをしぼりだしたり、やったことないことやって、たいへん勉強になりました。

車輪もダメになっていたものもありましたが、家にあったものをはめるとピッタリ。
昔のものはいちいちかっこいい。

作業場づくりをして、昔のものが今まで以上に好きになりました。

あ~、天井はずしてよかったな…
ハエは冬越しないっていうらしいんですけど、屋根裏に結構成虫がいて、蜂なんかも冬眠してました。
めちゃくちゃいるんですよね、ハエ。

蛇やネズミはいるとして、色々な生き物のよりどころなんですね。

押し入れは1つ残して作業スペースにしました。

曾祖父の弟というのは、今のぼくと同じ年で戦死したそうなんですが、建具職人だったとききます。
この建具がまさに作ったもの。

大切にしたいです。

夜の明かり。祖母のタンスに錨。
よりいっそう雰囲気をたかめてくれます。

床板は杉板にしました。
今のところなにも塗っていません。

玄関の欄間にうつる外灯。
へんな形になりました。

古いもの、ご先祖さまに囲まれて作業する。
とてもいいものです。

世界に一つだけの玉(じるいじる季節かんじる)前のページ

追いつけない春次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. LIFE

    まほろば竹伐り塾~真竹の要塞「千本城」へ時空を超えて~

    2019年2月中旬の雨の日。雨と竹林。見慣れたようで懐かしい…すっと…

  2. LIFE

    彼らの中心にいる感覚~那珂川の水脈にて風の草刈り~

    那珂川の素材、魚、水…限りなく那珂川にお世話になっていいるわ…

  3. AYU

    天然あゆこパスタ【那珂川の味】

    秋ですね。渋柿がたくさんなってます。念願の柿渋も今年はタイミング逃さ…

  4. LIFE

    モクズガニと菜の花のパスタ~那珂川の春を味わう~

    春…那珂川ではカジカガエルが鳴いています。…

  5. LIFE

    水まわり

    水道の蛇口をひねればでる水。ごく当たり前なことのように使って、無駄に…

  6. FISHES

    陶漁人「すなどん」おたきあげ

    春はこう、色々な気持ちがまじりあって複雑な気持ちになりがちです。季節…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

LATEST ARTICLES

  1. AYU

    秋アユは若サイのごとし~那珂川の友釣り~
  2. FISHES

    幻のルリヨシノボリ
  3. FISHES

    サイのパーマーク…そして那珂グリーン
  4. AYU

    熟む産む埋む~那珂川本流の鮎の産卵~
  5. AYU

    密に点々と広がる縄張空間
PAGE TOP