HANDMADE WORKS

じるいじる季節かんじる(ちたけ編)

6月のこと。
川沿いにいると雑木山の方からチタケ臭ガンガンだったので…
こりゃ出たな。っと思ったけれどもでてはおらず、随分と時期がずれ込んで…
ついこないだくらいがいい感じだったチタケ。

この独特の色味。

この赤くほぎほぎした感じがたまりません。

ほんとこのぐらいの開き具合がちょうどいいのです。

そして乳液。さわるとべたべたして、茶色~くなる。

その匂いも最高。
いい出汁がでる最高のきのこ。

で、そのべたべたで、茶色になる乳液の特徴を思って…
ずっとやりたかったことを、今年はついにやりました!

チタケ染め

そうです。チタケ染めです。
それなりにチタケがとれたので、少しずつちょっとさがってしまったチタケを原料に「じる」を作ることにしました。

ぐちゃぐちゃに揉んで砕いて、チタケをいじりたおして…
チタケじるを作成。

沈殿沈殿…でふと思ったのが、このじるを山にまいたらチタケ生えるんじゃないかいや?

いや~今回はやりませんが、県の林務でもチタケの栽培研究していたようですができなかったという話は聞いていたのですが…
なんか実験してみたくもなったんですが、その衝動を押し殺して今回はじる作りに専念することにしました。
ちなみにですが、うちのばっぱは生前、畑にチタケを植えて栽培しようとしたといっていました。失敗だったといっていましたが、そのチャレンジ精神がやはりばっぱはすごいなと、感心しました。
確かに畑でチタケ獲れるようになったら最高ですからね。タラの芽やウド、こごみなんかとおんなじ感覚でやったんでしょうね。面白い。

でも今回のチタケ染めだって、きっとばっぱはびっくりでしょうね。
じるは十分に仕込めました。
あとは熟成させるだけです。

一先ず、ヤマザクラとカラムシ紐を染めてみました。

チタケ染めの紐もなかなか素敵ですよ。
チタケ臭いけど…

で、こんなものもやってみました。
僕が小学生のころのキノコ図鑑に載っていた胞子の観察方法。
ずっとやってみたかったやつをついに今、チタケで実現しました。

一晩安静にすえたらば、こんなにきれいに胞子が落ちました。

冒頭のうねうねしたチタケもしっかりと。
記念に額装しました。もうちょっとちゃんとした額が欲しいですね。
作業場に飾っています。なかなか素敵ですよ。

ちびっ子たちの夏休みもあっという間に終わってしまって…なんだか寂しいですが、それなりに夏を満喫できたのではと思っています。

チタケとりにたくさん行きましたし、釣りもできたし、投網もできた。
もうちっと川の状況がよければもっといろいろできたけども、次の夏に。
そして、夏といえば下駄でしょってことで、ちびっ子たちに下駄を作って、一緒に川まで散歩したい。っていう僕の目標も、ギリギリで達成。

何か作り方などを調べることなく、ほぼノールックな状態で雰囲気で製作したマイ下駄。
前の家に使われていた木材をベースに友人にもらっていた精麻をつけて製作。

なんだかお寿司屋さんのお寿司がのってくる台みたいであれなんですが、時間がたてばいい感じの色味になるでしょう。

娘のは昨年冬に切った先祖杉を使用しました。
軽くていい香り。
ひいじいちゃんも、まさか下駄に使われているとは思ってもいないでしょうね。

せっかくなら紐や木もチタケのじるでチタケ染めして雰囲気高めちゃおうかな…なんて考えてますが、まずは鱒づくりにチタケじる使用してみようと思ってます。

しかし、季節感じますね。
じるいじる…
また一つ、やりたいことにチャレンジできました。
そうだ、ばっぱの手ぬぐいでも染めてみっかなや~。

さて次はなんのじるいじろうかな。

じるいじる季節かんじる(果実編)前のページ

希少大匙、親戚の兄ちゃん姉ちゃんち次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. LIFE

    那珂川水系産の南天箸づくり

    那珂川町の「こぶな農園さん」のインスタ(@kobuna_farm)投…

  2. ACCESSORY

    新たな出会い…そして大樹

    ここへ戻ってきて、少しずつですが変化を感じている今日このごろ。出会い…

  3. HANDMADE WORKS

    魚類妄想生態学会~サケマス分科会~

    ハンドクラフトエキシビショントラウトフィッシングと手作りをテ…

  4. HANDMADE WORKS

    ランディングネット 草木泥染め

    製作中のランディングネットのひとつ。カミングスーンなのがラン…

  5. FISHES

    君が風に舞う髭かき分けた時の…

    思い出す…意味なく…変わらない香り……

  6. HANDMADE WORKS

    じるいじる季節かんじる(果実編)

    季節ごとに目につく実っ玉。がしかし、自分が認識しているよりもそれがで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

LATEST ARTICLES


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/riverline/riverline-system.com/public_html/wp-content/themes/mag_tcd036/widget/fixed_ad.php on line 29
  1. AYU

    アユは夏にも遡上する
  2. NATURE

    那珂川とサンコウチョウ~2019
  3. AYU

    【遡上スピードの懐疑的推定】ランナーズハイな那珂川の天然遡上アユ
  4. AYU

    アユを占う~那珂川アユ遡上調査2020始動~
  5. ACCESSORY

    【Bambrooch】中禅寺湖のレイクトラウト四天王
PAGE TOP