HANDMADE WORKS

【SUISAI】那珂川水系産ランディングネット

Newなランディングネットです。
その名「SUISAI」。

ランディングネットはひさびさの投稿です。
裏面はこんなかんじ。

グリップの材は流木。

おそらくミズナラ(水楢)と思われます。

那珂川の水の作用を受けて、そして虫たちの影響も受けての模様。

木は死んでから流木となって流れて、ちゃくちゃくと土にかえる動きが始まっているのでしょう。
水がしみこんで菌が繁殖したり、ヒビがはいったり…。

まさに那珂川がつくりだした造形。

「腐敗」という現象なのかもしれませんが、そう表現するにはなんだかもったいないような。
そんな美しさがあります。

フレームとグリップとの間には鹿角を凸レーション。

虫食いの穴には、竹灰を混ぜ込んだ樹脂を流し込み、淡水二枚貝の殻を埋め込みました。

さりげなく和かな光をはなつ二枚貝。

夕方のうっすらとした光の中での撮影でしたが、SUISAIの良さが十分に伝わる写真が撮れました。

自家製ニホンミツバチの蜜蝋と茂木町産えごま油をブレンドしたRiverlineオリジナルワックスにて仕上げ磨き。
しっとりした艶感が得られます。

そういえば、フレームは、真竹です。

表面は焼きとあわせて竹鱗模様を施しました。

<サイズ>
全長44cm(内径縦27.5cm、横17.5cm)
重さ104g

メチャ軽です。

ヨモギ泥染めグラデーション

ネットはクレモナ手編みです。
ヨモギ泥染めにてグラデーションを施しました。

那珂川の水彩を表現したような緑です。

<ネット>
網目15mm
深さ35cm

SUISAIはまさに那珂川の彩を表しているようなランディングネットです。

現在製作中のランディングネットは…35本程度です。
様々なデザインのものがありますが、現時点では製作ストップ。
時間を見計らって少しずつ製作を進め、アップできたらと思っております。

那珂川の造形師「尾長三光」先生との再会前のページ

【生甘い】那珂川天然ウナギを求めて川漁へ次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. HANDMADE WORKS

    網編みに向けて~那珂川水系産ランディングネット製作~

    那珂川水系産ランディングネット製作。ここ最近は作業停…

  2. HANDMADE WORKS

    【RED UNEARCH】那珂川水系産ランディングネット

    那珂川水系の材料でつくったランディングネット…【RED UNEARC…

  3. HANDMADE WORKS

    ぶっつけルアーからの脱却~10年振りのハンドメイドミノー

    ハンドメイドルアー。初めて製作したのは、小学生のとき。バス用…

  4. ACCESSORY

    【Bambrooch】那珂川水系のさかなたち~下げ針四天王~

    しつこいほどのバンブロ記事。失礼します…。下げ針でよくかかっ…

  5. FISHES

    【那珂川水系産BambooRure】~トップウォーター竹リップクランクからの…~

    かれこれ20年以上…いや、25年近く前の話になります。過去に…

  6. ACCESSORY

    Triceratops masou~那珂川の流木魚~

    【学名】Triceratops masou【和名】トリケラトマス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

LATEST ARTICLES

  1. THE OTHERS

    コイの恋の季節-アユサケ追うコクチバス軍団現る
  2. AYU

    帯状の群れアユを捕らえよ!!~鵜・鷺・僕の那珂川三つ巴戦~
  3. ACCESSORY

    【Bambrooch】那珂川水系のさかなたち
  4. HANDMADE WORKS

    Driftwoodなランディングネット
  5. AYU

    陸バミとカワウが教えてくれること
PAGE TOP