HANDMADE WORKS

那珂川水系原産ランディングネット「VINE」~竹鱗フレーム~

那珂川水系原産材を使用したランディングネットたち。
下の写真のネットは、すべて竹フレーム。ハンドルはもちろん流木。
少しづつですが、整えながら進めています。

僕が那珂川原産の流木を使う理由は「ハンドメイド生態」で触れたとおり。
石は割って、木は切って、そして削ってはじめて見えてくるものがある。そこが後を引くというか、やめられない。

こちらは「UNEATEN」。
「ウネーチ」と呼びます。内径縦が45cmくらいあります。
このあとの凸レーションについては、あとで「 UNEATEN 」の記事で紹介したいと思います。

流木の形を活かしたデザインも良いですが、削って木目を出すのもまた良いです。歪が何とも言えません。

こちらは「MUD-UNEATEN」。「マッドウネーチ」。
ウネウネしてるからウネーチです。さっきのもそうです。

さ~いよいよ。

・・・

・・

ランディングネット「VINE」

内径もわりと大きめで45cm近くあります。

流木の歪、模様、欠け。何とも言えないです。
どう凸レーションしようか。どんどんアイデアがわいてきます。

・・

竹鱗

フレームはもちろん竹ですが、今回はあえて手を加えました。
手を加えない竹そのものの表面の味も良いのですが、これはこれで。

命名「竹鱗」。「ちくりん」です。
字のとおり、竹の表面に鱗模様を施しました。

なかなか、きれい。
これから多用しそうです。

今回はここまで。
今後も随時、進捗状況をアップしていきます。

深海性サケ科魚類の存在【妄想進化論】前のページ

那珂川水系原産ランディングネット「Black Yam」~焼流竹インナーフレーム~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. ACCESSORY

    Triceratops masou~那珂川の流木魚~

    【学名】Triceratops masou【和名】トリケラトマス…

  2. ACCESSORY

    思出鱒の黒鱒化と微笑鱒…そしてOtolith in

    ヒキガエルが産卵しました。里山です。那珂川流域の築1…

  3. HANDMADE WORKS

    【黙目杢】那珂川がつくりだすもの~見えてないもの~

    ランディングネットの材に。もくもくしています。細か~…

  4. HANDMADE WORKS

    【MOSS】那珂川水系産ランディングネット

    昨年のことになりますが、雨が降った冬のある日。冬にこんなに水があるこ…

  5. HANDMADE WORKS

    【黙目杢】那珂川がつくりだすもの~那珂川水系産ランディングネット~

    もくもくもく…少しずつですが増殖中なのが…あれもこれもと…よ…

  6. HANDMADE WORKS

    【RED UNEARCH】那珂川水系産ランディングネット

    那珂川水系の材料でつくったランディングネット…【RED UNEARC…

コメント

    • 皆川 勇
    • 2019年 12月 15日 8:31pm

    素材ありきでデザインされた物にはとても愛着が湧きますよね。
    実用的なものには必要ない雰囲気が自然とあると思います。
    ノートパソコンのmacbookAirとかアルミの削りだしが
    なんとも言えず愛着が湧きます。

      • River4129
      • 2019年 12月 15日 11:55pm

      実は失敗から生まれたデザインです。
      規則的なようでそうでもなく、ランダムだけれど、決してぐちゃぐちゃでもない。
      そんな感じがとても好きです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

LATEST ARTICLES

  1. ACCESSORY

    【Bambrooch】那珂川水系のさかなたち+
  2. AYU

    アユを占う~那珂川アユ遡上調査2021始動
  3. ACCESSORY

    玉に集まる思出鱒と耳石鱒「改」
  4. AYU

    人はセガセガ、アユは一瀬一淵ゆっくりと
  5. AYU

    自分は挿し芽で増やせない…だから時速5尾以上は保ちたい~那珂川の鮎友釣り~
PAGE TOP