AYU

あれから10年、今日は最高の春遡日和

あれから10年…

あの日、那珂川にいた僕には、まさかきょうの今を想像できただろうか。

その時、一緒に川で鮎を追っていた同僚たちは、おそらく今も魚たちへのまなざしは変わっていないだろう。

そして今考えれば、あの日にすべては始まったように思う。

大挙して那珂川を遡上する鮎たち。

今日という今日は、最高の春。

そして最高の遡上日和。

増水引水から鮎の遡上のない日はないが、今日は今シーズン1番の鮎の群れが上流を目指す。

朝は8時から14時過ぎまで、細くなったりはあるが遡上し続ける。
10年前のあの日を思い出す。

そして…

群れの中から飛び出す大きめな個体。
しっかりと石をはむ。

縄張りを持ち始める季節。

いつ頃遡上してきた鮎のなのか。
上流を目指す大群から身を外す、強い「個」の意識。

なぜここにとどまることを選ぶのだろうか。
怖くはないのか。

みなと同じじゃなくたっていいじゃないか。
僕はいつだって僕だ。

自由なんだ。

それでいい。
僕は今日、そう強く思った。

断続的に帯、発達は出水のあとに前のページ

Otolith Boot Camp次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. AYU

    密に点々と広がる縄張空間

    青ノロや病気の心配をしつつも、やはり解禁は那珂川にて竿だしを。…

  2. FISHES

    雑魚釣りロボに遊漁券は必要か?

    那珂川本流。雨も多く、増水して岸際のチャラは雑魚釣り…

  3. FISHES

    【開幕】那珂川サクラマス2022

    イッチニ~サシバの鳴き声があちこちで。サシバがたくさ…

  4. AYU

    「鮎三坊主一」~那珂川の友釣り~

    はい、一向にアユの友釣りが上達しません。結果からいいますとタイトルの…

  5. AYU

    川をきる

    川で釣りをしていると、どうしてもしたくなる、川きり。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

LATEST ARTICLES

  1. HANDMADE WORKS

    ハンドメイド生態
  2. FISHES

    那珂川に浮かぶ「モクズガニ軍艦」
  3. AYU

    那珂川アユ解禁2020~大量遡上天然アユで満たされる川~
  4. HANDMADE WORKS

    【AOMIDORI】那珂川水系産ランディングネット
  5. MASU

    那珂川サクラマス―平成最後の釣行―
PAGE TOP