FISHES

細なサイの彩~那珂川マハシール~

極めてマニアックな…
サイの写真集…
誰が見るんでしょうか…少しだけご紹介。

きれいなメスのサイです。
銀鱗。鰭は長くて黒い。ギンザメのようです。
眼も美しい。虹色に輝きます。
ジュラ紀をも見据えたまなざし。
アイシャドーは白紫。
とにかくきれいなアイシャドー。
眼の後方には金ラメ。
鰓蓋下は虹色の輝きを放つ虹メタリック。体内光も素晴らしい。
腹側の鱗は不揃い。体表の白と鱗の銀がナイスバランスで輝きます。
これは真珠のパールにも匹敵する美しさではないでしょうか。
鱗に刻まれる輪も見えます。
背側の鱗には金ラメ。
見る角度で光る金ラメです。確か高原川の虹鱒にもこんな金ラメが入る個体がいたような。
一鱗。黒、藍、紫、白、銀、金、黄、桃色……色とりどり。
腹鰭付け根のこれは鰭の名残でしたっけか?なんでしたっけ?鱒にもありますよね。
腹鰭は黒ベースですが朱が入っていてきれいです。
この角度も美しい。グラデーションがなんともいえない。鰭の先のほうは透明白で噛んだナタデココのよう。
尾鰭。すじ。わお。
パフパフ聞こえてきそうな口元。鰓のところには側線孔?センサーがあります。知りませんでした。
柔らかそうな乳白桃色の唇。つやっつや。
オスのざらざら。
吻の先までざらざら。
ざらっざらなE5系。底にへばりつく生活には適したフォルム。洗練されてます。
オスの腹鰭裏。付け根から放射状に白パール。
表は鮮やか。
鰭の先までざらっざら。グッときた一枚。

よ~く観察すると知らないことばかりです。
どんな機能があるのか、何のためなのか。
調べはしませんが想像だけして…胸にしまい込みます。

以上です。

サイがみたセカイ~ジュラ紀と現代~前のページ

那珂川アユ解禁2020~大量遡上天然アユで満たされる川~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. AYU

    睡眠学習そして修正~那珂川鮎釣り~

    10月の那珂川水系。雲海の朝。霧すごいな。なんてずっ…

  2. FISHES

    「三種の団子」那珂川の蟹魚でん

    蟹魚でん。かにぎょでん。おでんです。モクズガニ出汁で…

  3. AYU

    流星群のごとく、重圧い流れを越えてゆく

    4月にはいっていい雨。やっと。https://riverli…

  4. ACCESSORY

    【Bambrooch】中禅寺湖レイクトラウト四天王降臨

    那珂川水系産の竹でつくる鬼怒川水系中禅寺湖の魚たち。レイクトラウトの…

  5. AYU

    どんちゃん騒ぎの夜に

    3月23日の夜、日中の雨で蛙たちはどんちゃん騒ぎ。ケロケロな夜、道路…

  6. AYU

    那珂川天然鮎の遡上状況~茨城県千代橋~

    先週の11日。2021年那珂川にて天然鮎の遡上を初観測した日。その時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

LATEST ARTICLES

  1. HANDMADE WORKS

    石たちと原動力
  2. NATURE

    デローンでみる那珂川水系の秋
  3. HANDMADE WORKS

    那珂川水系原産ランディングネット「VINE」~竹鱗フレーム~
  4. HANDMADE WORKS

    マンモスを狩るのをやめた日
  5. FISHES

    「Zacco」の美~那珂川の水彩~
PAGE TOP