AYU

雨と鵜と…いま

5月下旬のこと。
僕の観察の眼差しは鮎から鵜へ。

那珂川の鵜。

こうして鵜の飛ぶ姿を目撃することはあるものの…

それとは違ったところから鵜を観察したくて…

しばらくの期間、鮎の動きを追いつつも朝、昼、夕と鵜の行動を見回りました。

その「見たい」のチャンスは突如として訪れたものの、実を結ばす。
でも、あきらめているところに、突如として別の姿で現れたりする…。

雨降る夕暮れ、無性に…川に引き寄せられるかのように…。

そこにはじっとり佇む…一羽の鵜。

鵜というのはなんともこう…あれですね。

はじめはいったい何なのか、不思議な物体に驚きました。
すぐに鵜だとはわかりましたが、あまりにも僕には気づかないので、体調でも悪いのか?と心配になりました。

近くで鵜を見たい、その想いが通じたのか、突如として現れた鵜はあまりにも無防備。

2週間ほどでしょうか、毎日僕のところで寝泊まり。

あくびをしたり。

警戒したり。
夜はあまり目が効かないのかな。いや、どうだろう。

鵜が僕にくれた時間。

羽の艶感や…

首の動かし方。
寝入るまでの行動。
これはとにかく興味深かったし、理にかなった方法でした。

僕の存在を疑ってはいるものの気づけないでこっちをみている正面からの鵜。

もう、頭や動きはティラノサウルスにしかみえません。

立場によって鵜に対する考え方は人それぞれですが、それはそれとして、よいわるいでもない。
人との関りの長い歴史もある。

単に生き物として愛でるというのではなく、様々な角度から僕は僕として感じていきたいなと改めて思った次第です。

彼らは彼らで今の那珂川をいきている。

夕暮の雨降る川のにおい。
雨を喜び跳ぶ鮎と、それをゆるりと眺める一羽の鵜。

そこに僕らのもつ「欲」のようなものは一切感じられませんでした。

おんこくさいの野冒前のページ

水わすら…川のにおい次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. FISHES

    【箱眼鏡と梅干の効能】竹竿カジカ釣り

    竿をなんの迷いもなく振る、娘。まだまだ暑かった秋の夕暮れ、那珂川。ラ…

  2. FISHES

    サイのパーマーク…そして那珂グリーン

    本題の前に柿渋の状況について。まだ9月中だったと思い…

  3. AYU

    もう十分、鮎見守る勇気

    9月おわりの増水で川は一気に秋ムード、産卵シーズン突入です。大きな鮎…

  4. ACCESSORY

    【天照鱒】~那珂川の流木鱒~

    天照…あまてらす天照鱒…アマテマス日光東照宮にいる…鱒の神々…

  5. AYU

    【速報2020年初】那珂川天然アユ遡上確認!!

    那珂川天然遡上アユ調査。茨城県那珂西大橋下流…右岸。遡上アユ…

  6. FISHES

    野兎のチャレンジ

    野兎です。まさかの2023年になりました。随分と生きました37歳。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

LATEST ARTICLES

  1. HANDMADE WORKS

    那珂川水系産ランディングネット「VINE」まもなく
  2. MASU

    那珂川サクラマス解禁―シラメ何処へ―
  3. FISHES

    超渇水の遡上鱒
  4. FISHES

    コクチバスの未来
  5. HANDMADE WORKS

    【AOMIDORI】那珂川水系産ランディングネット
PAGE TOP