AYU

時速1尾が生んだ新釣法~那珂川の友釣り~

那珂川が少し増水。

アユがまた降ってきたんじゃない?そう妄想して川へ行く。

ネットで水位を確認すると下流は10cmちょっとの増水のようで、アユが動いただろうと期待満々の中、心を鬼にして11時ごろの遅めのスタート。

濁りあり、小型は無視

川をみると濁りがわりとあり・・・ちょっと嫌な予感。

盛期ならバリバリ入れ掛かりも期待!?というようなコンディションでもありましたが、終盤なので。

黄色いキラキラが浅場に見えます。ちょっと小さいですので無視。目的は尺ですので。

さ~囮をつけて流します。

浅場を。一応ね。ほーらどうせ掛かりません。無視されました。

流心からまりの流れが割れはじめたあたりを通します。

ゴリゴリ~ズシ~ン

1kgぐらいの青ノロが絡まったんじゃないか?って具合のにっぶ~いアタリで1尾目が登場。25cmぐらいのお腹タッポタポのメス。開始30分。まあまあいい感じ。

すぐに一番流れのきついところに、今のメスは使わずに持参の囮をいれると反応あり。なんだかんだで昼過ぎまでの1時間半ほどの間に3尾。24~25cmと前よりサイズダウンしてます。

自作の満開チラシ3本が全部ささってましたよ。

新釣法「スライディングロッド横バミ」誕生

このあと4時までやりました。なぜならハミ上がりが夕方までにあるかもと思っていたからです。それを確認したくて、今日は夕方まで絶対にやると決めていました。実際、何度も子供の顔が浮かんで帰りたくなりましたが。

結局、開始から4時までの間に釣れたのは5尾。時速1尾。つらい釣りでした。

ウグイ抜き5尾です。

サイズも24~26㎝とサイズダウン。引きやアタリは最高で楽しめましたが、求めていたものではありませんでした。ただ、収穫もありました。

生まれたんです、新しい釣り方が。

その名も「スライディングロッド横バミ」。

略称は「スラ横」あるいは「スラバミ」。呼びやすい方を使っていただいて結構です。

穂先の位置は変えずに、、、、、ロッドをスライディング、、、、細かいスタンスで何度も何度も、、、、シャカシャカシャカシャカ。

・・・・詳細はマル秘です、笑

既に存在してるとか?あります?ないですよね?

時速1尾が生んだ新釣法です。あまりの暇さにやったことが実りました。やってる最中も来るかも!?という予感もありましたから、本物の可能性は高いです。

次回の釣行時にその効能を確かめたいと思います。

・・・・

その夜、那珂川の流れで負ったダメージを那珂川の幸「天然ウナギ」「モクズガニ」で補いました。

那珂川生まれの装身具前のページ

Driftwoodなランディングネット次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. AYU

    天然あゆこパスタ【那珂川の味】

    秋ですね。渋柿がたくさんなってます。念願の柿渋も今年はタイミング逃さ…

  2. AYU

    もうアカは舐めない ~那珂川鮎釣り~

    9月12日の那珂川の出水。那須地方での短時間豪雨でダム放水。那珂川小…

  3. AYU

    怪伝「那珂川雨乞体操」

    4月下旬。今日はとても暖かくて、半袖短パンでOKな日。もちろん僕は長…

  4. AYU

    【遡上スピードの懐疑的推定】那珂川の天然遡上アユ(遡上初期編)

    2020年3月9日。那珂川那珂西大橋下流(河口から24km地点)にお…

  5. AYU

    那珂川アユの友釣り-鰓蓋無き囮と共に令和なアユを求める―

    今年は初遡上が3月上旬に確認されたので、たっくさん釣れると期待してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

LATEST ARTICLES

  1. NATURE

    那珂川水系産ニホンミツバチ 蜂蜜
  2. HANDMADE WORKS

    那珂川水系原産ランディングネット「VINE」~凹に凸レーション~
  3. AYU

    動画撮影による那珂川天然アユ遡上モニタリングの可能性
  4. MASU

    那珂川サクラマス―平成最後の釣行―
  5. HANDMADE WORKS

    Driftwoodなランディングネット
PAGE TOP