AYU

陸バミとカワウが教えてくれること

4月上旬の那珂川茨城県との県境付近。

やはり。

カワウの群れ。。。おなじみの彼らです。

追えるところまでしつこく追って、遡上鮎の群れがいたであろう範囲からは随分と遠ざけることができたとは思いますが…

それでもやはり深刻な数。
今年は十分にカワウの状況を見れないでおりましたが、やはり相変わらずだなと。

群れの大きさ、捕食の様子からも、天然遡上鮎の多さがうかがえます。
カワウが教えてくれることといえば…

〇遡上鮎のいるところ
〇鮎の量

といったところでしょうか。
これだけの数で行動しているのですから、それだけ皆がくいっぱぐれないだけの十分量の鮎がいる…
そう考えられるわけです。

過去のカワウのそうすはこちら。

そして…鮎

少し前に雨があって水がでて、その時の陸バミがかなりの量ありました。

岸沿いに多数の遡上鮎の陸バミ。結構びっしり。
何年か前もすごいときありましたね。

ハミアートです。

櫛模様がくっきり。細かいです。

とんぼのような模様。


鮎のハミは美しい。

やはりアート。

鮎にハミアトをつけてもらって、それをそのままのデザインにできないかな~。
そんな妄想を膨らませながら、6月を待つとします。

しかし、陸バミ男も大喜びの2021年ではないでしょうか。

ただ渇水がひどい…。

雪解けは期待できないでしょうし、雨が降ってくれないと…きつい。
心配です。

三日月マルシェそして那珂川の遡上鮎前のページ

三日月マルシェをおえて~鱒ブローチ販売開始~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. AYU

    「鮎三坊主一」~那珂川の友釣り~

    はい、一向にアユの友釣りが上達しません。結果からいいますとタイトルの…

  2. FISHES

    無数の0に儚くも1/3…那珂川サクラマス2022

    2022年、数年ぶりに腰を据えて挑んだ那珂川本流サクラマス。…

  3. FISHES

    モクズガニの藻彩な腕毛針

    フライフィッシング。ほぼ経験がないフライフィッシング。10年前に1度…

  4. FISHES

    雑魚釣りロボに遊漁券は必要か?

    那珂川本流。雨も多く、増水して岸際のチャラは雑魚釣り…

  5. FISHES

    【秋色の那珂川】モクズガニの彩と藻屑神

    秋色の那珂川といえば鮎だけではございません。そう、カニみそと身を使った…

  6. AYU

    青ノロの有効活用を考える…前に…

    那珂川水系で猛威をふるっている青ノロ。正式名「カワシオグサ」。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

LATEST ARTICLES

  1. NATURE

    ズーミミーシジ…結氷川に棲む
  2. ACCESSORY

    那珂川で熟成した流雷木
  3. LIFE

    彫る・撮る・漁る日々
  4. AYU

    【速報2021年初】那珂川天然アユ遡上確認!!
  5. HANDMADE WORKS

    ハンドメイド生態
PAGE TOP