AYU

陸バミとカワウが教えてくれること

4月上旬の那珂川茨城県との県境付近。

やはり。

カワウの群れ。。。おなじみの彼らです。

追えるところまでしつこく追って、遡上鮎の群れがいたであろう範囲からは随分と遠ざけることができたとは思いますが…

それでもやはり深刻な数。
今年は十分にカワウの状況を見れないでおりましたが、やはり相変わらずだなと。

群れの大きさ、捕食の様子からも、天然遡上鮎の多さがうかがえます。
カワウが教えてくれることといえば…

〇遡上鮎のいるところ
〇鮎の量

といったところでしょうか。
これだけの数で行動しているのですから、それだけ皆がくいっぱぐれないだけの十分量の鮎がいる…
そう考えられるわけです。

過去のカワウのそうすはこちら。

そして…鮎

少し前に雨があって水がでて、その時の陸バミがかなりの量ありました。

岸沿いに多数の遡上鮎の陸バミ。結構びっしり。
何年か前もすごいときありましたね。

ハミアートです。

櫛模様がくっきり。細かいです。

とんぼのような模様。


鮎のハミは美しい。

やはりアート。

鮎にハミアトをつけてもらって、それをそのままのデザインにできないかな~。
そんな妄想を膨らませながら、6月を待つとします。

しかし、陸バミ男も大喜びの2021年ではないでしょうか。

ただ渇水がひどい…。

雪解けは期待できないでしょうし、雨が降ってくれないと…きつい。
心配です。

三日月マルシェそして那珂川の遡上鮎前のページ

三日月マルシェをおえて~鱒ブローチ販売開始~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. AYU

    新月と雨、一筋の流れに鮎を感じる

    2月20日の新月と昨日の降雨。水量は変わらずですが、雨がやや川の水温…

  2. AYU

    【速報2022年初】那珂川天然アユ遡上確認!!

    本題のアユの話はおいておいて…まずは…Googleデ…

  3. AYU

    失わない逞しさ鮎の塩焼き

    まるで産卵しているかのような焼き上がりとなりました。焼かれても逞しさは…

  4. AYU

    帯状の群れアユを捕らえよ!!~鵜・鷺・僕の那珂川三つ巴戦~

    2020年4月5日…那珂川千代橋上流右岸(茨城県)。増水後のタイミン…

  5. AYU

    もう十分、鮎見守る勇気

    9月おわりの増水で川は一気に秋ムード、産卵シーズン突入です。大きな鮎…

  6. AYU

    どんぶらこ~どんぶらこ

    うそでしょ。ふと川をながめにいったら…流れてくるという…。お…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

LATEST ARTICLES

  1. AYU

    淡白い濁り漂う川で…
  2. NATURE

    那珂川水系原産ニホンミツバチ―冬の蜂蜜―
  3. HANDMADE WORKS

    じるいじる季節かんじる(まえおき)
  4. FISHES

    那珂川に浮かぶ「モクズガニ軍艦」
  5. NATURE

    里山の風景―懐かしき那珂川水系「小袋田の滝」とホトケドジョウ-
PAGE TOP