FISHES

陶漁人「すなどん」おたきあげ

春はこう、色々な気持ちがまじりあって複雑な気持ちになりがちです。
季節の変わり目、気温の変化など自律神経を狂わす要因が潜んでいます。

過去に縛られて、季節の到来とともにそれを思いだしてしまう。
体に刷り込まれてしまっているのか…あと何ターンやればクリアー化するのだろう。

そうは言っても、目まぐるしい山や川のようすの変化に心打たれて、洗われて、なんとか0を維持。
むしろ0<になる季節。

過去の記事ですが、見返すと現在との違いにおどろいたりもする。ホトケドジョウの美。
こちらも。久々にじっくり観察したい、身近な環境。

田植えもあちこちで済んで、家の田んぼにはシオカラトンボの姿が。
夏鳥たちも繁殖のために姿をみせてます。

気張らずに、自然のうつろいに目を傾けながら、じっくりと好きなようにやればいいのです。
誰かの理解を得ようと努力することに注力しすぎていては、見失ってしまいます。
焦ってはいけないけれど、歩みは決して止めてはいけない。

そう、すなどんが言ってます。

昨年に那珂川流域の原土をブレンドし、成形乾燥しておいた「すなどん」。
漢字で「漁人」。

おたきあげ。

新年早々に作業場の整理をして出た古材などを焼いたタイミングにおたきあげ。

先代の汗や当時の空気も内包されているであろう数々の古材に火をともし。

おたきあげ。

あ~じっちだ…

あ~ばっぱだ。

煙と共に登場する亡くなった先祖たち。

そして、すなどん。

まっくろに。

なんとか割れていない。

なんだか心地よくもある。

おたきあげ。

なんでしょう…

この…

いけにえ感…

正面から…

ななめから…

いったんおたきあげ終了。

今度は、ちびっ子と作った茶碗を焼きます。

投入

火が十分はいったようです。

灰が溶けて

備前風な焼き上がりに。

残念ながら短時間に高温にしすぎたようで、割れが発生。

自然の彩や模様

今回も失敗に茶碗は終わりましたが、やはり難しいです。
過去に割れずにできた小どんぶり。
焼きしまり不完全。でも抹茶をシャカシャカしたりして飲むには適していて気に入っていました。
最終的には短気おこして割りました。

こちらも、抹茶用に作ったものでしたが…
米のとぎ汁につけすぎたのか、よく乾燥させなかったのか、酸っぱくなって…
失敗。

二度焼するも様子が変わってしまい割れも発生で飾りに…。

自作した焼きもので、現在も現役で使用している器は、小さな湯呑1つのみ。
簡単ではないですが、陶も気長に楽しんでまいります。

で、すなどんですが…
おたきあげでは焼きが不十分でしたので、この残り火にいれふせることに。
翌日に様子をみると…

いい感じに焼けてました。

どん

どん

すなどん。
右脇に鱒だか鮎を抱えています。

上からどん。

よく焼けている。
ん?

凛々しい眉毛が…

ない。

おっぱい。

股にからむウナギ。
足元の文様これもまたよい。

すなどん完成です。
そ、そ、祖父ににています。

両脇に鰻と鱒だか鮎だかを抱えて、耳はモクズガニの手っていう…
謎の赤ちゃん体形土偶。

手に竹竿を持たせて、いざ。

出漁です。

古材おたきあげ御先祖封入型土偶。

川漁と手仕事の未来を暗示してくれる存在です。

魚乙女さくら軍艦前のページ

【那珂川緑紅茶】琉球縞葦湯呑で味わう次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. AYU

    Seventeen 続ロストワールド~那珂川鮎釣り~

    鮎の塩焼き。とてもうまそうですよね。たしかにうまいです。うまいんです…

  2. AYU

    【過去最速】那珂川天然遡上アユが栃木県茂木町へやってきた!!

    栃木県と茨城県をまたがって流れる北関東のアユ河川「那珂川」。…

  3. AYU

    【河川芸術界の巨匠】髭長先生とハミアート

    夕刻の那珂川…河川敷。ずどどどどどどどぉ~おおおおお…

  4. AYU

    那珂川のアユは僕を帰らせない

    朝霧、秋近し。台風がくる前に鮎釣りをしなくては。…

  5. ACCESSORY

    【里山おしゃらグッズ】竹の髪留め~Bambarretta~

    バンバレッタ…Bambarretta…BambooのBarretta…

  6. HANDMADE WORKS

    【SUISAI】那珂川水系産ランディングネット

    Newなランディングネットです。その名「SUISAI」。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    【UNA】土用の水遣い「未滑鰻水 」先生
  2. LIFE

    ほこりという思い出
  3. AYU

    秋アユは若サイのごとし~那珂川の友釣り~
  4. FISHES

    【生甘い】那珂川天然ウナギを求めて川漁へ
  5. NATURE

    里山の春―ニホンミツバチの分蜂とスカイフィッシュ―
PAGE TOP