NATURE

追いつけない春

春だなや~
なんていってたら冬になって…

足元に湯たんぽしてたら急に5月の陽気とか…

山々にも淡い桃色や紅、うすらみどりやだいだいがうかがえてくる…

にぎやかだった白もあっという間に落ちて、次々にさまがわる彩たち。

少し歩けば新芽がいたるところに見られ、なんとも奇妙な枝ぶりに心が揺れる…

発見はいつもそうですが、目立つ何かの裏側にあるもの。

冬活の遅れを取り戻そうと、この春に慌てて手を動かす…
うつろいは決して待ってはくれません。

すっかりとにぎやかに。

冬の名残は

躍動的な春をよりいっそう引き立てます。

あまりにも激しい変化についていけません。

でも無理についていこうとしなくていいのかもしれません。

鮎が川のものを口にして順応するように、僕らも春を少しずつ口にして、ゆっくりとかみしめていきましょう。

那珂川をのぼる鮎たち。
2月の終わりにはすっかりと川になじんで、その小さな体で着実に上流へとすすんでゆきます。

3月になってからは魚の姿も日に日に濃くなって、水面にうく虫たちを盛んに食べる姿もみられるようになりました。
サケ稚魚、オイカワ、鮎…。
虫を食べる魚はたくさんいますが、鮎の虫のとらえる姿は小さな体でもすっかりと鮎です。
ずいぶんと増えてきました。

7日に栃木入りした鮎たちは、それから2週間で箒川合流に。鮎たちの躍動はとまらない。

生きものたちは季節に素直なのでしょう。

押し寄せてくる季節と生きものたち…
出逢いたい生きものたちも次々に時が満ちて、もう追いつけない。

追いつけない春です。

春はさみしさをこえてやってくる前のページ

どんちゃん騒ぎの夜に次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. HANDMADE WORKS

    マンモスを狩るのをやめた日

    それは今の僕たちのすぐそばにあるもの。様々な歴史を物語る遺品というの…

  2. HANDMADE WORKS

    世界に一つだけの玉(じるいじる季節かんじる)

    最高気温20℃を越え、汗でじめついた足回りや脇下では蒸かした大豆が納…

  3. FISHES

    サイのパーマーク…そして那珂グリーン

    本題の前に柿渋の状況について。まだ9月中だったと思い…

  4. NATURE

    モクズガニイリュージョン

    那珂川のモクズガニ漁。父親が今年から許可を得て始めました。…

  5. LIFE

    【那珂川緑紅茶】琉球縞葦湯呑で味わう

    鮎のぼる時期。青々しくなる草木に気になるのは……

  6. NATURE

    【小袋田の滝】春をさがしに

    沢です。上流に民家はなく、きれいです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

LATEST ARTICLES

  1. AYU

    台風19号が那珂川水系に運んできた「ふっかふかなお布団」~アユとシロザケの産卵床…
  2. AYU

    春のカワウはおそろしい
  3. FISHES

    僕らの…それは誰かの
  4. THE OTHERS

    コイの恋の季節-アユサケ追うコクチバス軍団現る
  5. FISHES

    【箱眼鏡と梅干の効能】竹竿カジカ釣り
PAGE TOP