AYU

鮎あゆる、秋晴の那珂川

あゆる

ぼくの好きな言葉。

ぱちゃん

ぱちゃん

「鮎たちは群をなし川をくだり落ちる」

「落ちる」という言葉は「あゆる」とも表現され、この川を あゆる本能的行動が「あゆ(鮎)」の名前の由来とも言われているようです。

これから産卵する鮎たち。

あちらこちらでぱちゃん。

なぜに…

跳ねるのか…

台風の増水で川かすっかりきれいになり…

鮎たちもすっかり産卵ムード。
近くによってもあまり逃げません。

鮎たちがたまる場所より下流にはまだまだ鮎師の姿がありました。
あの目印を飛ばす鋭いあたり、そして引き、やりとり。
バクバクの心臓とあがった息で眺めるタモの中の美しい姿。
それはそれは、何度でも味わいたいものです。

なかなか竿じまいできない気持ち、とてもよくわかります。

そして…このくろ~い塊。

落ち鮎の群れ。
少しずつ少しずつ、形をかえる大きな塊。

岸際の塊だけではありません。
深いところにもくろ~くみえるのも鮎です。

まるでイワシの群れのように、ぐるぐる渦をまきながら…

突如として水面へと一直線に泳ぎあがっては跳ねる。

跳ねる

跳ねる

跳ねる

なぜに…

跳ねる

なぜ跳ねるのか?

動画でぜひ!

過去の記事ですが読み返してみますと…

【秋色の那珂川】なんでそんなに跳ねるのか?

随分と適当なことをかいてはいますが、今もまだそんな考えのままです。

〇虫を食べている??
〇体に虫がついてる?
〇お腹の卵巣精巣をほぐす?
〇健全な鮎であることをアピールする?

そんなことを書いてましたね。
そして、今年の観察で新たに思ったのは…

〇浮力調整をしている?
色々と体の仕組み的に間違ってはいるかとは思いますが、空気を体内に取り入れることで浮力を高め、産卵場の下流まで下りやすくするためではないのでしょうか。

泳いでくだるのは体力を消耗しますから、できることならば受動的に流されたい。
当然泳ぎはしますが、バランスをとる程度な感覚で流されてゆけば、産卵のための体力を温存できますし、なんせ卵や精子に負荷も少ないはず。

こういうことなのか??

かいているうちに、なんか違う気もしてきてしまいましたが、可能性はなきにしもあらず。

産卵期は急な水温変化も引き金になっており、当然ながら体調を崩しやすい時期です。
水中にはたくさんの病原がいます。ちょとでも体のバランスがくずれれば病へと進行してしまう。

日中に太陽の光を浴びて陽のエネルギーをためる。
跳ぶことは適度な運動となり、そして水の力も重なってもみほぐされる…
それはお腹の中の精巣や卵巣の活動を健やかにする。
個体すべてを費やし次世代にかけているわけですから、ロスもできるだけ減らしたい。

だから跳ぶ。

随分と無理やり感がありますが、確信していることは産卵に関わる何かに関係しているということ。

いい流れです。

この辺りも産卵場ですから、そこにたまって跳ねるということはやはり、産卵行動そのものにも深い関係があるということでしょう。

別な日も…跳びます。

随分と広範囲で跳びます!!

こちらも動画でぜひ。

産卵うまくいくといいです。

【秋色の那珂川】鮎の彩

熟む産む埋む~那珂川本流の鮎の産卵~

過去の記事ですが、こうして改めて振り返るといいものですね。
当時思っていたことや考えが思い出されます。
秋彩の鮎、今年も産卵場でみたいです。

夕暮、水の中はどうなっているのでしょうか。
気になることばかりです。

もう十分、鮎見守る勇気前のページ

ニゴ~イル煮、そしてバカゾウを次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. AYU

    淡緑の那珂川を淡々と遡るアユ

    新緑の那珂川水系。岸壁にはイワタバコ。…

  2. AYU

    那珂川の神無に群れ舞う笹の葉アユ

    増水が落ちついた那珂川支流。水際から一気に紅葉がすすんでいく。…

  3. FISHES

    「Zacco」の美~那珂川の水彩~

    Zacco。今回オイカワ、カワムツにスポット。*現在Zacc…

  4. AYU

    【秋色の那珂川】鮎の彩

    那珂川の秋。鮎も秋色に染まり…どんどん川をくだっているようです。そんな…

  5. FISHES

    那珂川のサクラマス産卵場2019

    11月上旬の木ノ俣川。これより少し上流にサクラマスが遡上できない堰堤…

  6. AYU

    もうアカは舐めない ~那珂川鮎釣り~

    9月12日の那珂川の出水。那須地方での短時間豪雨でダム放水。那珂川小…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

LATEST ARTICLES

  1. HANDMADE WORKS

    凹に凸るのが僕のランディングネットなり
  2. LIFE

    360度廻ってin Motegi
  3. AYU

    【秋色の那珂川】鮎の彩
  4. MASU

    那珂川サクラマス―降霜日チャンスは突然に―
  5. HANDMADE WORKS

    【猿腰泥蜂郎】那珂川水系産ランディングネット
PAGE TOP