AYU

淡緑の那珂川を淡々と遡るアユ

新緑の那珂川水系。

岸壁にはイワタバコ。

田んぼの準備で川の水はこないだの増水からなかなかクリアーにならずに濁り続けています。写真は週末です。

増水後の那珂川。春にしてはかなり水が出ました。
茶色濁りでしたが、今日は…

小場江堰。水はわりとクリアーに。
ただちょっとやな濁り。
ゲートもおりて、いよいよ取水が始まるのですね。

魚道ではアユがジャンプジャンプ。

段差を乗り越えました。あと6段!

小場江堰の魚道には多くのアユはたまっていて、バンバン遡上してました。

サイズも大きいです。

かわりだね。

ヤツメウナギ。

カワヤツメでしょうか。
まさか…ミツバヤツメじゃないですよね。
遡上中なんでしょうか。

茂木地区へ移動。
県境の橋からみたら、すでにカワウとサギの群れが遡上アユを襲っているのが車から見えました。

現場へ着くとカワウは不在。

まだ水は高いですが、川底の石はとびきりきれいになりました。
なかなか水の濁りがとれない、淡緑の那珂川。
田の代掻きがはじまって、ここからは濁りがとれなくなる時期でもあります。

先週、先々週とテイテイ淵にはアユの群れがたくさん滞留していた状況でしたが、今日はやや少ない印象。
それでも11~14時の間に時折、畳2~4ほどのアユの群れ跳ねながら遡上していました。
順調ですね。

今日は記録まで。

陸バミ男~那珂川アユ遡上状況~前のページ

網編みに向けて~那珂川水系産ランディングネット製作~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. FISHES

    東京スカイツリー ~カゾクとボクと、時々、ハゼドン~

    東京の家族のところへ。東京スカイツリーがこんなに立派に見えま…

  2. AYU

    「鮎三坊主一」~那珂川の友釣り~

    はい、一向にアユの友釣りが上達しません。結果からいいますとタイトルの…

  3. FISHES

    陶漁人「すなどん」おたきあげ

    春はこう、色々な気持ちがまじりあって複雑な気持ちになりがちです。季節…

  4. AYU

    春のカワウはおそろしい

    アユの遡上時期。過去の記事「【過去最速】那珂川天然遡上アユが栃木県茂…

  5. FISHES

    魚のすむ「よさげ」な場所

    一日の温度差が20℃。自律神経の乱れを恐れることもなく、コーラを飲む…

  6. FISHES

    幻のルリヨシノボリ

    今回はハゼの話になります。学生時代からずっと憧れていたハゼがおります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

LATEST ARTICLES

  1. HANDMADE WORKS

    マンモスを狩るのをやめた日
  2. HANDMADE WORKS

    ランディングネット「Monkey chair」は薬効あり!?
  3. HANDMADE WORKS

    ぶっつけルアーからの脱却~10年振りのハンドメイドミノー
  4. AYU

    【秋色の那珂川】鮎の彩
  5. NATURE

    那珂川水系原産ニホンミツバチ―冬の蜂蜜―
PAGE TOP