FISHES

コクチバスの未来

那珂川水系小河川。

子供の頃、この大木の根元でよく釣りをしました。体調を崩して学校を休んだ日、熱が下がったからといって、ここに隠れながらコイ釣り。懐かしい記憶。近所のおじいちゃんに見つかりましたが、、、。

那珂川といえばコクチバスが数多く生息し、50アップの釣果は良く耳にします。中には60アップの話も。

アグレッシブに瀬の中で魚を追う一方、トロ場で底につく水生昆虫や底生魚をも喰らう。サクラマスシーズンにはコクチバスのが良くかかります。

素晴らしい引き。わざわざコクチバスを狙いに本流にはいきませんが、釣れると嬉しい。楽しいのは間違いないです。

いや、わざわざ本流に狙いにいってますね。

15年前の支流のコクチバス

2004年、那珂川水系の支流ではじめて目視確認したコクチバス。その時の個体は20cmほどで、同サイズのオオクチバスと仲良く遊泳していました。

正直、驚きました。この小河川といえば、今から24年前はオオクチバスが生息していて、コクチバスは一切いませんでした。当時のオオクチバスの分布状況としては那珂川合流付近にのみ分布。上流にはいない状況。もちろん、那珂川本流のワンドにも生息し、ライギョやブルーギルもいました。

それから約10年後の2004年には繁殖してかなりの数が生息。

10年でがらりと変わるのですね。

コクチバスを釣りまくる

2004年発見時から、コクチバスを釣って釣って釣りまくりました。当時は大学生でしたので帰省時のみの釣行でしたが、大学を卒業して社会人になるまでの間に500個体以上は釣りました。大型の個体で50㎝弱。

当時はスプーンで入れかかり状態でしたし、ドバミミズをノーシンカーでドリフトさせる釣りで、爆釣。2~3時間で40個体以上は釣れました。

この地域ではコクチバスのリリースが禁止されているので、C&Rはできませんから、数年で相当数のコクチバスを取り除いたことになります。

その後、県の調査や漁協の駆除などもあり、現在までにさらに1000個体以上は取り除かれています。

今のコクチバス

2004年当時に比べれば、本当にコクチバスが少なくなりました。餌を使ってもなかなか釣れないほどです。休日ともなれば東京などからも釣り人が訪れるほどでしたが、この状況では1尾にたどり着くのが難しいと思います。

ただ、隠れ場所も非常に多いこの川。石の隙間やテトラの中に身を寄せるコクチバス。

コクチバスの生息密度がぐっと減ったこの川で、このあとどんなことが起きるのかが、とても重要なきがします。

果たしてまた2004年当時の状況に戻るのか。

完全に河川からコクチバスを取り除くことは難しいです。数が減った分、本流から移入してきたり、稚魚の生残や成長がよくなったり、あっという間に元通りになってしまうかもしれません。魚類相も今と比較して今後コクチバスが増えるとすればどう変化するのでしょうか。今だからこそ、調べておくべきことがあると思います。

僕にとっては思い出深い河川。

魚類相の豊かさは県内屈指と思います。

そんな川だからこそ、今後もコクチバスの生息状況をちゃんと見守っていきたいと思うのです。

余談 コクチバスの眼

過去にInstagramでコクチバスの眼について触れました。コクチバスは眼に頼って獲物を得ています。なぜなら濁るとあまり釣れなくなるからです。これを「眼が良い」というふうに表現するのが適当なのかはわかりませんが、魚を追う時も獲物の非常に細かな動きに対応しています。水がクリアーな時は、眼で広範囲の獲物をサーチして見つけてしつこく追う。一方濁りの時は視界がききませんからサーチ範囲は狭くなり、そのかわり眼よりも顎下の穴(下顎側線孔?センサー)を使って丁寧に獲物を得ています。コクチバスは夜釣りでも釣れますし、濁りのきついときも投げ釣りであれば釣ることもができます。これは眼よりもセンサーを使っているためです。

当然の仕組みかもしれませんね。

那珂川アユの友釣り-鰓蓋無き囮と共に令和なアユを求める―前のページ

青ノロの有効活用を考える…前に…次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. AYU

    あの日僕らは別々の場所で同じ鮎を見た

    今から11年前。東日本大震災。ここ那珂川の遡上鮎も放射能の影…

  2. FISHES

    銀鱗のシロザケが放つ淡い色~那珂川の回帰鱒~

    2019年10月中旬、台風19号がもたらした雨により過去最高に増水した…

  3. THE OTHERS

    サイがみたセカイ~ジュラ紀と現代~

    春の那珂川。ニゴイ…251…。この辺じゃ、ニゴイはサイと呼ばれます。…

  4. AYU

    那珂川鮎解禁2022

    今年もまちにまったこの日がやってきました。6月1日那珂川の鮎…

  5. AYU

    野生の姿を…那珂川にみた

    ちょい~と前の夏らしい秋。そんな秋も本格化し、川の様…

  6. AYU

    【遡上スピードの懐疑的推定】ランナーズハイな那珂川の天然遡上アユ

    サクラも種類によっては咲いて、気温も高まって春到来ですね。梅…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

LATEST ARTICLES


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/riverline/riverline-system.com/public_html/wp-content/themes/mag_tcd036/widget/fixed_ad.php on line 29
  1. FISHES

    那珂川サクラマス解禁2020~遡上アユなコンディション~
  2. FISHES

    モクズガニから宇宙、そして自分~PASTA~
  3. THE OTHERS

    大蒜油鯰煮(ダィサンユーネンニィ)
  4. AYU

    【過去最速】那珂川天然遡上アユが栃木県茂木町へやってきた!!
  5. FISHES

    幻のルリヨシノボリ
PAGE TOP