AYU

【秋色の那珂川】鮎の彩

那珂川の秋。
鮎も秋色に染まり…どんどん川をくだっているようです。
そんな産卵を迎えた鮎たちの彩には驚かされます。
目で見た光や色をとらえるのはなかな難しいものですね。

この2匹の鮎は当然ながら同い年ですが、ここまで大きさが違います。
生まれた時期や成長具合なんかんが違うのでしょうね。

これだけ体の大きさに差があっても、同じ場所にいるのですから、同じタイミングで産卵に加わっている?可能性もありますよね。
明らかに大きいほうが産卵に優勢でしょうから、小さいほうはスニーカー的なことでしょうか。
大きなオスは産卵行動に全身全霊、真っ向勝負というような強固な軸があるブレないイメージ…
の一方、小さなオスは自由度が高そう。がつがつしておらず、なんか余裕があり、一見テキトウそうだけど、ちゃんとやることはやる…イメージ。
きっとそうですよね、顔に現れてますもん。
面白いですね。

11月になっても追い化のある鮎の数釣りが成立していた箒川でも、数日前の雨で鮎がだいぶくだったとのこと。
数にして1/10になったとパイセンから情報をいただきました。

この9/10のこたちが、
どのくらいの期間で産卵場へとたどり着くのか?
どこの産卵場へと向かうのか?
いつ生まれて、いつ川をのぼってきたのか?
そして1/10のこたちは、
なぜまだ箒川にとどまるのか?

そしてこのこたちは、
来年どのくらい、いつごろ帰ってくるのか?
そもそも帰ってくるのか?

疑問というか…疑問がさらに枝分かれしてまた疑問がわいてくる状況。
知りたいな~と思うわけです。疑問というより興味。
尽きません。
知って何かがかわったり、鮎にとっていいことがあったりするかはわかりませんけど、少しでも鮎とお近づきになれたらという気持ち。

ですので今年は、繁殖の様子をちゃんとみてみたいなと…。
那珂川における鮎の産卵期間としては、例年まだまだ長いですし、これから。
楽しみです。

 

 

 

【秋色の那珂川】なんでそんなに跳ねるのか?前のページ

【秋色の那珂川】モクズガニの彩と藻屑神次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. AYU

    人はセガセガ、アユは一瀬一淵ゆっくりと

    3月ももうすぐ終わり。そして平成も。人間界は人事異動やらなん…

  2. FISHES

    【DENKYU】那珂川水系産ランディングネット

    那珂川水系産の流木をグリップに…フレームを竹で作ったランディングネッ…

  3. FISHES

    那珂川に浮かぶ「モクズガニ軍艦」

    へいっ!らっしゃい!!「つなっち寿司」へようこそ。秋に急遽開…

  4. AYU

    陸バミ男~那珂川アユ遡上状況~

    那珂川水系。ちょっと前はヤマザクラがありましたが…http…

  5. FISHES

    なまではたべずナマズ

    那珂川水系のナマズ様。最近特に活発なナマズ様。我が家は毎晩ナ…

  6. AYU

    「99.3に笑む…ただ4をきる」~那珂川鮎釣り2020~

    終わりましたね。泥かぶりの川底で終盤の鮎2020年シ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

LATEST ARTICLES

  1. HANDMADE WORKS

    じるいじる季節かんじる(果実編)
  2. HANDMADE WORKS

    【SUISAI】那珂川水系産ランディングネット
  3. THE OTHERS

    コイの恋の季節-アユサケ追うコクチバス軍団現る
  4. FISHES

    君が風に舞う髭かき分けた時の…
  5. AYU

    青ノロの有効活用を考える…前に…
PAGE TOP