AYU

【秋色の那珂川】鮎の彩

那珂川の秋。
鮎も秋色に染まり…どんどん川をくだっているようです。
そんな産卵を迎えた鮎たちの彩には驚かされます。
目で見た光や色をとらえるのはなかな難しいものですね。

この2匹の鮎は当然ながら同い年ですが、ここまで大きさが違います。
生まれた時期や成長具合なんかんが違うのでしょうね。

これだけ体の大きさに差があっても、同じ場所にいるのですから、同じタイミングで産卵に加わっている?可能性もありますよね。
明らかに大きいほうが産卵に優勢でしょうから、小さいほうはスニーカー的なことでしょうか。
大きなオスは産卵行動に全身全霊、真っ向勝負というような強固な軸があるブレないイメージ…
の一方、小さなオスは自由度が高そう。がつがつしておらず、なんか余裕があり、一見テキトウそうだけど、ちゃんとやることはやる…イメージ。
きっとそうですよね、顔に現れてますもん。
面白いですね。

11月になっても追い化のある鮎の数釣りが成立していた箒川でも、数日前の雨で鮎がだいぶくだったとのこと。
数にして1/10になったとパイセンから情報をいただきました。

この9/10のこたちが、
どのくらいの期間で産卵場へとたどり着くのか?
どこの産卵場へと向かうのか?
いつ生まれて、いつ川をのぼってきたのか?
そして1/10のこたちは、
なぜまだ箒川にとどまるのか?

そしてこのこたちは、
来年どのくらい、いつごろ帰ってくるのか?
そもそも帰ってくるのか?

疑問というか…疑問がさらに枝分かれしてまた疑問がわいてくる状況。
知りたいな~と思うわけです。疑問というより興味。
尽きません。
知って何かがかわったり、鮎にとっていいことがあったりするかはわかりませんけど、少しでも鮎とお近づきになれたらという気持ち。

ですので今年は、繁殖の様子をちゃんとみてみたいなと…。
那珂川における鮎の産卵期間としては、例年まだまだ長いですし、これから。
楽しみです。

 

 

 

【秋色の那珂川】なんでそんなに跳ねるのか?前のページ

【秋色の那珂川】モクズガニの彩と藻屑神次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. FISHES

    君が風に舞う髭かき分けた時の…

    思い出す…意味なく…変わらない香り……

  2. FISHES

    【那珂川水系産BambooRure】~トップウォーター竹リップクランクからの…~

    かれこれ20年以上…いや、25年近く前の話になります。過去に…

  3. AYU

    アユを占う~那珂川アユ遡上調査2021始動

    冷え込んでは急に温かくなるこの頃。2021年2月中旬。気温差…

  4. FISHES

    【秋色の那珂川】モクズガニの彩と藻屑神

    秋色の那珂川といえば鮎だけではございません。そう、カニみそと身を使った…

  5. FISHES

    陶漁人「すなどん」おたきあげ

    春はこう、色々な気持ちがまじりあって複雑な気持ちになりがちです。季節…

  6. FISHES

    カジカの石化け

    那珂水系に棲むカジカ。カジカといえば魚と蛙の両方がいます。蛙界のカジカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

LATEST ARTICLES

  1. HANDMADE WORKS

    那珂川水系原産ランディングネット「VINE」~竹鱗フレーム~
  2. FISHES

    ぬめり・髭・迷彩~泥濁りの那珂川水系~
  3. AYU

    遡上鮎よくのぼってます…そしてモクズガニ
  4. FISHES

    【秋色の那珂川】モクズガニの彩と藻屑神
  5. FISHES

    【UNA】土用の水遣い「未滑鰻水 」先生
PAGE TOP