AYU

【秋色の那珂川】鮎の彩

那珂川の秋。
鮎も秋色に染まり…どんどん川をくだっているようです。
そんな産卵を迎えた鮎たちの彩には驚かされます。
目で見た光や色をとらえるのはなかな難しいものですね。

この2匹の鮎は当然ながら同い年ですが、ここまで大きさが違います。
生まれた時期や成長具合なんかんが違うのでしょうね。

これだけ体の大きさに差があっても、同じ場所にいるのですから、同じタイミングで産卵に加わっている?可能性もありますよね。
明らかに大きいほうが産卵に優勢でしょうから、小さいほうはスニーカー的なことでしょうか。
大きなオスは産卵行動に全身全霊、真っ向勝負というような強固な軸があるブレないイメージ…
の一方、小さなオスは自由度が高そう。がつがつしておらず、なんか余裕があり、一見テキトウそうだけど、ちゃんとやることはやる…イメージ。
きっとそうですよね、顔に現れてますもん。
面白いですね。

11月になっても追い化のある鮎の数釣りが成立していた箒川でも、数日前の雨で鮎がだいぶくだったとのこと。
数にして1/10になったとパイセンから情報をいただきました。

この9/10のこたちが、
どのくらいの期間で産卵場へとたどり着くのか?
どこの産卵場へと向かうのか?
いつ生まれて、いつ川をのぼってきたのか?
そして1/10のこたちは、
なぜまだ箒川にとどまるのか?

そしてこのこたちは、
来年どのくらい、いつごろ帰ってくるのか?
そもそも帰ってくるのか?

疑問というか…疑問がさらに枝分かれしてまた疑問がわいてくる状況。
知りたいな~と思うわけです。疑問というより興味。
尽きません。
知って何かがかわったり、鮎にとっていいことがあったりするかはわかりませんけど、少しでも鮎とお近づきになれたらという気持ち。

ですので今年は、繁殖の様子をちゃんとみてみたいなと…。
那珂川における鮎の産卵期間としては、例年まだまだ長いですし、これから。
楽しみです。

 

 

 

【秋色の那珂川】なんでそんなに跳ねるのか?前のページ

【秋色の那珂川】モクズガニの彩と藻屑神次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. AYU

    那珂川の神無に群れ舞う笹の葉アユ

    増水が落ちついた那珂川支流。水際から一気に紅葉がすすんでいく。…

  2. FISHES

    ジヤマメを探しに

    かっさかさな地に雨が降って、少しばかり潤ったここ那珂川流域には…トロ…

  3. AYU

    川香る鮎縄張る

    昨日のこと。ぷんと香る川のにおい。あ、変わったな。…

  4. AYU

    鮎は鮭稚魚を越えて、栃木へ

    2月28日茨城の那珂西にて初確認した天然鮎。https://…

  5. AYU

    那珂川の鮎という種、流域スキャニング

    15cmほどの遡上鮎の体には丸くただれた痕。4月上旬の増水時、本流の…

  6. FISHES

    陶漁人「すなどん」おたきあげ

    春はこう、色々な気持ちがまじりあって複雑な気持ちになりがちです。季節…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

LATEST ARTICLES

  1. HANDMADE WORKS

    ランディングネット「Monkey chair」は薬効あり!?
  2. AYU

    雨と鵜と…いま
  3. AYU

    淡緑の那珂川を淡々と遡るアユ
  4. FISHES

    サイホルモンのフレーバー
  5. AYU

    日差し浴び、帯緩みて砂を食む
PAGE TOP