ACCESSORY

新たな出会い…そして大樹

ここへ戻ってきて、少しずつですが変化を感じている今日このごろ。
出会いとその先にさらなる出会いが。

那珂川と人、歴史、自然…
浅はかな言葉でしか表現できそうにないのですが、これは本を読んでこなかったツケ。
ここに歴史を反映する大樹あり。

上から、複数の方々がこちらをのぞき込んでいるような…

植物の中でも樹木というのは不思議と1本でも1個体という感覚がないのは僕だけでしょうか。
複数の命の集合体のように感じるのです。
これは間違っていますか?

長い歴史のなかで見てきた光景、関わった人、すべてが詰まっているように感じます。
生物学的には1個体、でも複数の存在を感じるのはそういうことなのではないでしょうか。

近頃のピン甘な写真ですが、出会った大樹のこの色はかつてみたことのない色でした。
樹齢などはわかりませんが、某センターでみた切り株の年輪は想像以上の時代をさかのぼっていました。
そしてこれは、もうその切り株さえも超越した樹齢であると…そう見立てました。

この大樹の穏やかな成長とともに生まれた素材をつかい、何か新しいものを創造できたらと思います。

今日はさらに新たな出会いがありました。

昔から知る友人との新たな出会い。

矛盾した表現ですが、適切な表現。
今日は何か導かれた日でした。

そして・・・新作

こちらは未記載種のブローチ。
那珂川流域の樹…鹿…二枚貝…そして竹。
それぞれ同じ流域に生き、直接的にも間接的にもまじりあっていたであろう命。
またこうして混じりあう。

流域が生み出した天然物の色彩や模様をそのまんま活かしました。

今回は竹がブレンドされています。

そして天照鱒シリーズも。
いくつか準備中。

本物の鱒とは異なる形態…
それでもどこかしっくりくるものをつくれたらと思います。

遡上鮎よくのぼってます…そしてモクズガニ前のページ

那珂川流域の泥師「ドロバチ先生」との共作次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. FISHES

    モクズガニの藻彩な腕毛針

    フライフィッシング。ほぼ経験がないフライフィッシング。10年前に1度…

  2. HANDMADE WORKS

    那珂川水系原産ランディングネット「VINE」~竹鱗フレーム~

    那珂川水系原産材を使用したランディングネットたち。下の写真のネットは…

  3. LIFE

    彼らの中心にいる感覚~那珂川の水脈にて風の草刈り~

    那珂川の素材、魚、水…限りなく那珂川にお世話になっていいるわ…

  4. ACCESSORY

    三日月マルシェをおえて~鱒ブローチ販売開始~

    4月14日の三日月の日に地元茂木町のStep-1にて開催された「三日…

  5. FISHES

    【MUD UNEARCH】那珂川水系産ランディングネット

    那珂川水系産の流木をグリップに…フレームを竹で作ったランディングネッ…

  6. ACCESSORY

    【天照鱒】~那珂川の流木鱒~

    天照…あまてらす天照鱒…アマテマス日光東照宮にいる…鱒の神々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

LATEST ARTICLES

  1. AYU

    Seventeen 続ロストワールド~那珂川鮎釣り~
  2. AYU

    アユは夏にも遡上する
  3. HANDMADE WORKS

    ランディングネット 草木泥染め
  4. ACCESSORY

    玉に集まる思出鱒と耳石鱒「改」
  5. ACCESSORY

    【Bambrooch】ラインナップ…季節外れの秋鱒
PAGE TOP