ACCESSORY

新たな出会い…そして大樹

ここへ戻ってきて、少しずつですが変化を感じている今日このごろ。
出会いとその先にさらなる出会いが。

那珂川と人、歴史、自然…
浅はかな言葉でしか表現できそうにないのですが、これは本を読んでこなかったツケ。
ここに歴史を反映する大樹あり。

上から、複数の方々がこちらをのぞき込んでいるような…

植物の中でも樹木というのは不思議と1本でも1個体という感覚がないのは僕だけでしょうか。
複数の命の集合体のように感じるのです。
これは間違っていますか?

長い歴史のなかで見てきた光景、関わった人、すべてが詰まっているように感じます。
生物学的には1個体、でも複数の存在を感じるのはそういうことなのではないでしょうか。

近頃のピン甘な写真ですが、出会った大樹のこの色はかつてみたことのない色でした。
樹齢などはわかりませんが、某センターでみた切り株の年輪は想像以上の時代をさかのぼっていました。
そしてこれは、もうその切り株さえも超越した樹齢であると…そう見立てました。

この大樹の穏やかな成長とともに生まれた素材をつかい、何か新しいものを創造できたらと思います。

今日はさらに新たな出会いがありました。

昔から知る友人との新たな出会い。

矛盾した表現ですが、適切な表現。
今日は何か導かれた日でした。

そして・・・新作

こちらは未記載種のブローチ。
那珂川流域の樹…鹿…二枚貝…そして竹。
それぞれ同じ流域に生き、直接的にも間接的にもまじりあっていたであろう命。
またこうして混じりあう。

流域が生み出した天然物の色彩や模様をそのまんま活かしました。

今回は竹がブレンドされています。

そして天照鱒シリーズも。
いくつか準備中。

本物の鱒とは異なる形態…
それでもどこかしっくりくるものをつくれたらと思います。

遡上鮎よくのぼってます…そしてモクズガニ前のページ

那珂川流域の泥師「ドロバチ先生」との共作次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. NATURE

    ズーミミーシジ…結氷川に棲む

    特に寒い最近の那珂川流域。過去の電光掲示板の温度表示で「-14℃」を…

  2. HANDMADE WORKS

    魚類妄想生態学会~サケマス分科会~

    ハンドクラフトエキシビショントラウトフィッシングと手作りをテ…

  3. ACCESSORY

    玉に集まる思出鱒と耳石鱒「改」

    鱒ブローチ各種、前回の記事。思出鱒の黒鱒化と耳石鱒。…

  4. ACCESSORY

    那珂川で熟成した流雷木

    流木ブローチ「流木鱒」。とにかく黒い材。心材といわれるような…

  5. HANDMADE WORKS

    那珂川水系原産ランディングネット「Shoot」~ハンドルをきる~

    那珂川水系原産ランディングネット「Shoot」。前回の記事はこちら。…

  6. HANDMADE WORKS

    【黙目杢】那珂川がつくりだすもの~見えてないもの~

    ランディングネットの材に。もくもくしています。細か~…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    【生甘い】那珂川天然ウナギを求めて川漁へ
  2. HANDMADE WORKS

    ぶっつけルアーからの脱却~10年振りのハンドメイドミノー
  3. AYU

    【妄想生態】それは陸封以前からもちえたもの
  4. FISHES

    羽衣まとうシーラカンス
  5. FISHES

    ジヤマメを探しに
PAGE TOP