AYU

カワウ入り浸りが引き起こす~カワ負スパイラル~

カワウ、カワウ、カワウ、、、、。

2019年春、那珂川の遡上アユを襲うカワウをお伝えし、茨城県御前山ダムのカワウのねぐらのことを書いてから半年が経ちました。

ちなみに御前山ダムのカワウをドローンで撮影した映像を載せます。

気になるのは、カワウの首振り確認。大きく飛行中の群れの大多数が右に舵をきる際(左へいったカワウもいた)、1羽のカワウが左を見て、どうしようかな~左いく?みたいな感じの雰囲気を出しました。この行動って面白くない?そう感じたのは僕だけでしょうか。なんか、周りに合わせたくない気持ちもあるけど、結局合わせた・・・的なようにも見えるし・・・きっと群れの右側にいたから左へは行きたくても行けなかったのかもしれませんね。どんな意味があるのか気になります。

しかし、非常に残念なことに、秋時点のカワウ・・・・・
増えた気がします。
というより、夏時点でそう感じていました。

2019年11月中旬のカワウの映像です。

2019年、アユの解禁当初からカワウの襲来でアユが全然いない状態が続き、ここら辺はアユ釣りしても全く釣れない状況でした。シーズン通してカワウが入り浸りでした。

カワウ入り浸り→アユいなくなる→青ノロはえる→釣れない→釣り人こない→カワウ入り浸り→アユいなくなる・・・・・・

このカワ負スパイラルがドンピシャではまった那珂川下流域・・・2019年でした。

もちろん、ほかにも釣れない要因はありましたが、カワウの影響はとびきり大きかったと・・・そう振り返るわけです。

さぁ~、シーズンもいよいよ終わり、来年が楽しみです!?
・・・いやいや、心配です!!
でも・・・
川の流れは大きく変わったところも多く、那珂川上流はわりと好きな流れになっていました。見慣れた流れが変わったことで、ただただ新鮮で、いい感じに思えただけかもしれません。どうせ、なんだかんだ言って、いつも釣れない僕ですから。

しかし、カワウにはかなわない、、、なんとかしたいけど、何もできない自分がいます。カワウより先に川に立つのは困難。お金もなければ時間もないですし、カワウとじっくり対峙することができませぬ。
釣りがてら、こうしてレポートしたり、川を見にいくぐらいしかできませぬ。
カワウパトロールのお仕事でもあればやるのにな~。

那珂川とサンコウチョウ~2019前のページ

凹に凸るのが僕のランディングネットなり次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. FISHES

    ぬめり・髭・迷彩~泥濁りの那珂川水系~

    田植えの時期。どうしても那珂川水系は濁りがとれません。泥が田んぼから…

  2. AYU

    昼夜活発化につき

    5月のサクラマス記事から早3カ月経過…川仕事やクラフトと同じく大切に…

  3. FISHES

    マハゼの聖地で時速30

    マハゼやるなら東京。10月の江戸前ハゼ。もちろんクロ…

  4. FISHES

    ジヤマメを探しに再訪

    那珂川流域のジヤマメ調査。前回、下見にいった狭小の沢。記事は…

  5. AYU

    もうアカは舐めない ~那珂川鮎釣り~

    9月12日の那珂川の出水。那須地方での短時間豪雨でダム放水。那珂川小…

  6. FISHES

    【生甘い】那珂川天然ウナギを求めて川漁へ

    梅雨の那珂川。今週は雨が続き、川の様子も好条件。そこで、製作の合間を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    コクチバスの彩と食
  2. AYU

    とろんとろん那珂川
  3. AYU

    もうアカは舐めない ~那珂川鮎釣り~
  4. ACCESSORY

    イノシシのキバレッタ~那珂川水系発おしゃらグッズ~
  5. NATURE

    ジェンサンがくる~タガメワークショップ~
PAGE TOP