AYU

カワウ入り浸りが引き起こす~カワ負スパイラル~

カワウ、カワウ、カワウ、、、、。

2019年春、那珂川の遡上アユを襲うカワウをお伝えし、茨城県御前山ダムのカワウのねぐらのことを書いてから半年が経ちました。

ちなみに御前山ダムのカワウをドローンで撮影した映像を載せます。

気になるのは、カワウの首振り確認。大きく飛行中の群れの大多数が右に舵をきる際(左へいったカワウもいた)、1羽のカワウが左を見て、どうしようかな~左いく?みたいな感じの雰囲気を出しました。この行動って面白くない?そう感じたのは僕だけでしょうか。なんか、周りに合わせたくない気持ちもあるけど、結局合わせた・・・的なようにも見えるし・・・きっと群れの右側にいたから左へは行きたくても行けなかったのかもしれませんね。どんな意味があるのか気になります。

しかし、非常に残念なことに、秋時点のカワウ・・・・・
増えた気がします。
というより、夏時点でそう感じていました。

2019年11月中旬のカワウの映像です。

2019年、アユの解禁当初からカワウの襲来でアユが全然いない状態が続き、ここら辺はアユ釣りしても全く釣れない状況でした。シーズン通してカワウが入り浸りでした。

カワウ入り浸り→アユいなくなる→青ノロはえる→釣れない→釣り人こない→カワウ入り浸り→アユいなくなる・・・・・・

このカワ負スパイラルがドンピシャではまった那珂川下流域・・・2019年でした。

もちろん、ほかにも釣れない要因はありましたが、カワウの影響はとびきり大きかったと・・・そう振り返るわけです。

さぁ~、シーズンもいよいよ終わり、来年が楽しみです!?
・・・いやいや、心配です!!
でも・・・
川の流れは大きく変わったところも多く、那珂川上流はわりと好きな流れになっていました。見慣れた流れが変わったことで、ただただ新鮮で、いい感じに思えただけかもしれません。どうせ、なんだかんだ言って、いつも釣れない僕ですから。

しかし、カワウにはかなわない、、、なんとかしたいけど、何もできない自分がいます。カワウより先に川に立つのは困難。お金もなければ時間もないですし、カワウとじっくり対峙することができませぬ。
釣りがてら、こうしてレポートしたり、川を見にいくぐらいしかできませぬ。
カワウパトロールのお仕事でもあればやるのにな~。

那珂川とサンコウチョウ~2019前のページ

凹に凸るのが僕のランディングネットなり次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. FISHES

    陶漁人「すなどん」おたきあげ

    春はこう、色々な気持ちがまじりあって複雑な気持ちになりがちです。季節…

  2. AYU

    淡緑の那珂川を淡々と遡るアユ

    新緑の那珂川水系。岸壁にはイワタバコ。…

  3. AYU

    那珂川のアユは僕を帰らせない

    朝霧、秋近し。台風がくる前に鮎釣りをしなくては。…

  4. FISHES

    迎春モクズガニ餡かけ

    新年早々、SUNADORU君改め「すなどん(漁人)」という土偶を生み…

  5. AYU

    青ノロの有効活用を考える…前に…

    那珂川水系で猛威をふるっている青ノロ。正式名「カワシオグサ」。…

  6. AYU

    遡上鮎はマルタウグイを越えて

    久々の茨城観測。場所はこちら。岩盤の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

LATEST ARTICLES

  1. AYU

    【遡上スピードの懐疑的推定】ランナーズハイな那珂川の天然遡上アユ
  2. FISHES

    【MUD UNEARCH】那珂川水系産ランディングネット
  3. ACCESSORY

    Triceratops masou~那珂川の流木魚~
  4. AYU

    鮎を迎えにいこう
  5. AYU

    那珂川アユの友釣り-鰓蓋無き囮と共に令和なアユを求める―
PAGE TOP