HANDMADE WORKS

「々」限りある時間のなかで

手を動かしているときは「無」…
…「無」では決してないことをこれでもかというほどに感じています。

想像以上に頭の中をグルグルとザワザワと、様々な音や思いがめぐっているものです。

鱒の彫刻。
色づけにも色々ありますが、どれも様々な条件がそろった時にしかすすめられません。
色々だの様々だの言っている間にも刃を入れた鱒の表面は日々変化し続けています。

その変化もまたよいものですから、増々悩まされます。

毎日毎日鱒たちを目にしては考えています。
ずいぶんと悩んでしまいました。

流木の鱒たちは、個性豊か。
そして頼もしい方々ばかりです。

彼らのこれまでは、随分と過酷だったようです。
一度、あの世を経験したものや、大きく傷を負ったまま癒えていないものも。

魚の生々しい生臭さのようでもあり、血なまぐさくもあり、どこか獣のような香りも漂わす。
いったい、何なのか。

ランディングネット。

孟宗竹、真竹を使用したもの。

流域の作用。
考えもつかないデザインが流域には転がっているのですから、見つけるのも、作るのも、たのしい。

オイカワから渓流用。

フレームは真竹でランダムな斑を施しました。

埋もれ木グリップ。
かつて黒鱒というブローチにも使用した材。

彩、模様、香り、どれもが素晴らしい材。

彫グリップ(ホリグリップ)。
山桜材に彫りをいれた仕様です。できるだけシンプルなつくりを目指しました。

ホリグリップ梅。
割れが入りやすい材。
鱒の顔付近に細かなヒビが入っています。
でも、これも素材の特性であって、このランディングネットの個性でもあります。
赤い木彩にどんな色のネットがあうのだろうと、イメージを膨らませています。

右曲がり。

オイカワのために。
ネットはモスグリーンの泥鉄グラデーションか…。

様々なバリエーションを試しています。
今回はあまり焼きを入れずに斑をいれました。

こちらは表面をやや強く焼いてシャープな斑をいれました。
ちなみにこちらの竹は病気の竹を使用しています。

内側にも焼きをいれています。

そしてネットの染めも、自家製柿渋で染色します。
だいぶ濃ゆい汁に仕上がっています。

こちらは泥鉄泡。
黒っぽいグラデを出すための汁です。
レシピは存在せず、減れば心のままに様々な素材を溶かし入れて仕立てていきます。

灰青系グラデ。

灰赤系グラデ。

灰紫系グラデ。

灰竹系グラデ。
竹の若草色と成熟の黄色の混色です。

6月になれば鮎も解禁。
鰻もぼちぼち始動しなければといった川事情。
限らる時間の中で様々なことに想いをめぐらせながら手を動かしています。

いま、少しずつですがネット編んで染めてを繰り返しています。
ほんとすこしずつですが、完成品もできてきそうです。

また紹介したいと思います。

那珂川の鮎という種、流域スキャニング前のページ

とろんとろん那珂川次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. ACCESSORY

    那珂川流域の泥師「ドロバチ先生」との共作

    那珂川流域の泥師といえば・・・みなさんご存じ…陶芸家「ドロバ…

  2. FISHES

    陶漁人「すなどん」おたきあげ

    春はこう、色々な気持ちがまじりあって複雑な気持ちになりがちです。季節…

  3. AYU

    昼夜活発化につき

    5月のサクラマス記事から早3カ月経過…川仕事やクラフトと同じく大切に…

  4. HANDMADE WORKS

    【猿腰泥蜂郎】那珂川水系産ランディングネット

    【猿腰泥蜂郎】さるこしでいはちろう名字が「さるこし」名前が「…

  5. ACCESSORY

    様々な角度・光条件下で観察いただきたい~那珂川が創り出した鱒たち~

    過去にも紹介しました少々大きなブローチ。マスノマスクや流雷鱒の各種。…

  6. HANDMADE WORKS

    那珂川水系産ランディングネット「VINE」まもなく

    昼も夜も比較的活発に活動しておりまして、ブログの更新が滞っておりまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

LATEST ARTICLES

  1. NATURE

    モクズガニイリュージョン
  2. FISHES

    超渇水の遡上鱒
  3. FISHES

    銀鱗のシロザケが放つ淡い色~那珂川の回帰鱒~
  4. AYU

    鮎の不流動はワクワクへの道なのか
  5. FISHES

    ジヤマメを探しに
PAGE TOP