FISHES

ニゴ~イル煮、そしてバカゾウを

随分と前の食卓です。
こうして、川の魚を食卓にのぼらせる…
いや遡上させることこそが僕たちのLifeスタイル。

魚をとって暮らすことだと、しみじみと思います。

いつしか僕らの川での釣りは、「遊び」や「趣味」の世界から「生活」へと移り変わってきました。

これまでたどってきたであろう釣りの歴史を戻る方向に進んでいるようにも思います。

冬場にとっておいたニゴイの若魚。
じっくりと焼き干しして味わおうとも思っていましたが、結局そうせずに、オイル煮に。

ニゴイ、そういうだけで、どこかマイナスのイメージがあるかもしれませんね。
確かに、似鯉ですから鯉のネクスト感が出ちゃってます。
しかし、それは違います。

はっきり申しまして、先入観です。

おいしいですからぜひ味わってもらいたい一品です。
オイカワやカワムツも一緒に入っています。

それぞれに味わいが異なるのもまた、川魚の魅力。

川魚のなかでも、とびっきり底隠れしていて、なかなかお目にかかれない魚…

そう…「バカゾウ」

ばかぞう…

おそらくは、馬鹿面(バカヅラ)からきているのであろうとは思いますが、ひどい呼び名です。

でも僕たちは、愛着をもって「バカゾウ」と呼びます。

「バカゾウはうんまんだ~うんまいんだ~」
「身がや~っこくって、ほろほろしててよ~」
「焼いて醤油かかてくうんだ~、うんまいんだ~」

そ~んな風に父はよく言っていました。

ですので、今回はよ~く観察した後に、シンプルにいただいてみようかと、思った次第です。

想像以上に身は柔らかく、鱗も薄くやわらかいバカゾウ。

白銀の体、なんとクールなことか。

ほらほら、透き通った腹のほう、ご覧くださいね。

美しいでしょ~。

顔もなかなかいい。口もとなんかほかにいませんよ。
こんな素敵な髭と唇をお持ちです。
パフパフパフパフ、スパスパスパスパ、砂底砂利底をやっていつも震えているんですよ顔がね。
想像しただけで可愛いですよ。

鰓蓋後縁なんか白く、まるでエレガントなマフラーをしているかのようです。

ほらね、血管が見えるほどに薄く透き通った身です。
さ~食べましょう。

もちろんシンプルに塩焼きです。

上から、オイカワ雄婚姻色、バカゾウ(かまつか)、ウグイ、鮎です。

しっかりと焼けています。

想像以上に粘液が体表からでており、焼き上がりはどこかカパッカパっといった感じ。

そのカパッカパの皮をパカッと割ると、でました白くホロホロの身が!

とにかく柔らかく、透明感のある、やわらか~な身です。

オイカワよりはウグイに近い身の細かさでねっとりしています。

一口食べると…ん?

そう、ご覧のとおり小骨が多い。

随分と多い…こんな「Y」のような骨がほんと多いんです。
ニゴイにもありますが、そこまで気になりませんでしたが、これはちょっと。

少々食べづらく…味は…

確かに触感はよく、味も悪くないですが、体表の粘液が多めで…っといったところでなんとなく懸念していましたが、やや生臭さを感じてしまいました。

「川魚特有の臭み」

川魚全体に染み付くこの表現、これは世の中で一般的にいわれてしまっているただの先入観の塊のような言葉であると、どうも納得していない僕ですが、今回ばかりはちょっと生臭さを感じてしまいました。

こ、これが川魚特有の…臭み?…なのか…
いいや、違う。

バカゾウ…
いいや、カマツカよ。

きっと焼きが足りなかったことや、締めたてを焼いたことも影響していることでしょう。
改めて食べてみたいと思ったバカゾウでした。

そしてほかの誰かにもおすそ分けしたいな。

鮎あゆる、秋晴の那珂川前のページ

リズムは4、生活としての釣り次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. FISHES

    「Zacco」の美~那珂川の水彩~

    Zacco。今回オイカワ、カワムツにスポット。*現在Zacc…

  2. AYU

    【速報2022年初】那珂川天然アユ遡上確認!!

    本題のアユの話はおいておいて…まずは…Googleデ…

  3. AYU

    【河川芸術界の巨匠】髭長先生とハミアート

    夕刻の那珂川…河川敷。ずどどどどどどどぉ~おおおおお…

  4. FISHES

    那珂川のサクラマス産卵場2019

    11月上旬の木ノ俣川。これより少し上流にサクラマスが遡上できない堰堤…

  5. AYU

    那珂川の神無に群れ舞う笹の葉アユ

    増水が落ちついた那珂川支流。水際から一気に紅葉がすすんでいく。…

  6. FISHES

    時は刻々と、サイのヘッドボーンと…

    盆栽棚の楡欅にコケを。採取した大切な鹿沼土が流れ出さないように、適度…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    【UNA】土用の水遣い「未滑鰻水 」先生
  2. FISHES

    東京スカイツリー ~カゾクとボクと、時々、ハゼドン~
  3. AYU

    【遡上スピードの懐疑的推定】那珂川の天然遡上アユ(遡上初期編)
  4. ACCESSORY

    【Bambrooch】那珂川水系のさかなたち~下げ針四天王~
  5. THE OTHERS

    サイがみたセカイ~ジュラ紀と現代~
PAGE TOP