FISHES

ナマズ半分青い

見れば見るほどナマズ。
キャットフィッシュまさに猫。
観察します。

お腹は白とうっすら黒。
サメに似た部位。
茶濁りで黄色めの迷彩。やはり環境によって色が変わる感じ。
お腹黒がまだら。
まだ若いようす。
噛み傷。そして体に等間隔である点線。センサー?
若めな個体。顔にオレンジ斑点。
お腹が比較的真っ白な個体。環境の影響で体色は変化するような気がします。今日まで見たナマズでは、濃い薄いはありますが、みな迷彩がありました。特に若い個体では迷彩柄が明瞭な感じです。
オス。胸鰭の鋭いゴツゴツのギザギザ。手が切れます。戦いで使うのでしょうか。
メスの胸鰭。オスのようにゴツゴツは無いですが、細かなギザギザがあって鋭い。
歯は何本?肉厚な唇が魅力的。
中央部は歯が長い。下の歯は口尻も長い。
歯が何層もあり、獲物を逃がさない。
扁桃腺ではなく、喉にある歯。ダダ?ここで揉み込みながら獲物を飲んでいく。

半分青い

腹鰭の色がとてもきれいです。
写真では伝わりきれませんが、虹色の光沢もあり、鰭の半分ぐらいまで青い。
個体差は大きい。鰭の縁辺部が斑の個体もいます。
この美しさ。ぬめりあっての輝き。
虹色が伝わりませんね~。
比較的よく映ってます。鰭の付け根のあたりも光の当たり具合で輝きが違います。
他の鰭はここまでの美しさはないので、何か繁殖などに関係しているのでしょうか。

ナマズ。
迷彩で地味なイメージの魚でしたが、よ~くと観察するととっても美しい魚なんです。

どんどん魅了されていきます。

ぬめり・髭・迷彩~泥濁りの那珂川水系~前のページ

なまではたべずナマズ次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. FISHES

    マハゼの聖地で時速30

    マハゼやるなら東京。10月の江戸前ハゼ。もちろんクロ…

  2. AYU

    春のカワウはおそろしい

    アユの遡上時期。過去の記事「【過去最速】那珂川天然遡上アユが栃木県茂…

  3. LIFE

    モクズガニと菜の花のパスタ~那珂川の春を味わう~

    春…那珂川ではカジカガエルが鳴いています。…

  4. THE OTHERS

    ヤマメからのコクチバス

    暖かな陽気、7分咲きほどのサクラも。菜の花は満開。3…

  5. AYU

    【河川芸術界の巨匠】髭長先生とハミアート

    夕刻の那珂川…河川敷。ずどどどどどどどぉ~おおおおお…

  6. AYU

    失わない逞しさ鮎の塩焼き

    まるで産卵しているかのような焼き上がりとなりました。焼かれても逞しさは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    スゴい…もうロコ
  2. AYU

    鮎よ、空高く舞い上がれ~那珂川鮎釣り~
  3. FISHES

    カジカの石化け
  4. ACCESSORY

    Triceratops masou~那珂川の流木魚~
  5. FISHES

    東京スカイツリー ~カゾクとボクと、時々、ハゼドン~
PAGE TOP