FISHES

ナマズ半分青い

見れば見るほどナマズ。
キャットフィッシュまさに猫。
観察します。

お腹は白とうっすら黒。
サメに似た部位。
茶濁りで黄色めの迷彩。やはり環境によって色が変わる感じ。
お腹黒がまだら。
まだ若いようす。
噛み傷。そして体に等間隔である点線。センサー?
若めな個体。顔にオレンジ斑点。
お腹が比較的真っ白な個体。環境の影響で体色は変化するような気がします。今日まで見たナマズでは、濃い薄いはありますが、みな迷彩がありました。特に若い個体では迷彩柄が明瞭な感じです。
オス。胸鰭の鋭いゴツゴツのギザギザ。手が切れます。戦いで使うのでしょうか。
メスの胸鰭。オスのようにゴツゴツは無いですが、細かなギザギザがあって鋭い。
歯は何本?肉厚な唇が魅力的。
中央部は歯が長い。下の歯は口尻も長い。
歯が何層もあり、獲物を逃がさない。
扁桃腺ではなく、喉にある歯。ダダ?ここで揉み込みながら獲物を飲んでいく。

半分青い

腹鰭の色がとてもきれいです。
写真では伝わりきれませんが、虹色の光沢もあり、鰭の半分ぐらいまで青い。
個体差は大きい。鰭の縁辺部が斑の個体もいます。
この美しさ。ぬめりあっての輝き。
虹色が伝わりませんね~。
比較的よく映ってます。鰭の付け根のあたりも光の当たり具合で輝きが違います。
他の鰭はここまでの美しさはないので、何か繁殖などに関係しているのでしょうか。

ナマズ。
迷彩で地味なイメージの魚でしたが、よ~くと観察するととっても美しい魚なんです。

どんどん魅了されていきます。

ぬめり・髭・迷彩~泥濁りの那珂川水系~前のページ

なまではたべずナマズ次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. AYU

    春のカワウはおそろしい

    アユの遡上時期。過去の記事「【過去最速】那珂川天然遡上アユが栃木県茂…

  2. FISHES

    うきしずむ34年目に始めたこと

    34年間の人生の中でまだやってないことは…山ほど。やりたいこともたく…

  3. FISHES

    ジヤマメを探しに

    かっさかさな地に雨が降って、少しばかり潤ったここ那珂川流域には…トロ…

  4. THE OTHERS

    春の小川はタナゴ、グロキ、キンブナ、メダカ・・・賑やか

    里山の春。山へ向かえば、山菜やら野花がたくさん。名前がわからないもの…

  5. FISHES

    Hello Riverline world!

    Riverlineのブログ へようこそ!Otolith (N…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

LATEST ARTICLES

  1. HANDMADE WORKS

    【Denkyu60W】那珂川水系産ランディングネット
  2. LIFE

    「那珂川」の由来を考える【妄想考古学】
  3. AYU

    【秋色の那珂川】なんでそんなに跳ねるのか?
  4. FISHES

    カジカの石化け
  5. MASU

    【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
PAGE TOP