FISHES

サイのパーマーク…そして那珂グリーン

本題の前に柿渋の状況について。

まだ9月中だったと思います。

渋柿を30個ほどとって。

石で砕いて。

我が家のしみだし水に漬けました。

実は順調にいっていません。
カビをはやさせてしまって、表面はゲル化してます。
どうなんでしょう。

とりあえず2バケツ分、大切に保管しています。

・・・

サイのパーマーク知ってました?

いきなりですけど、知ってました?
川で投網しているとよく出会うのがサイ幼魚。
「サイ」はここらでの「ニゴイ」の呼び名です。

なんてきれいなんだろうと眺めていると、やはりある。

パーマーク。
幼魚期にしかないですよね、だからパーマーク稚魚斑。
稚魚ではないですけどね。

13㎝ほどですけど、ある程度の集団で生活しているのでしょうかね。
1歳魚でしょうか。
秋には当歳のニゴイが見られますが群れで過ごしているようです。

魚を見るときはいつも目ばかりみてしまいますが、全体をよく観察すると新たな気づきがありますね。

山と渓谷社の「日本の淡水魚」のニゴイの記載にはちゃんとこの斑紋のことが書かれていました。知りませんでした。

ノーマーク。

・・・

那珂川の青ノロを考える~さかなたちの重要性~

那珂ブルーならぬ那珂グリーンとして定着しつつあるのが、釣り人を悩ませる青ノロことカワシオグサ。

過去の記事「青ノロの有効活用を考える…前に」では那珂川の河川環境について妄想してますが、青ノロの生える場所、今年もよく見てみましたがその傾向がいまいちつかめませんでした。

新たに思ったのが、
カワウがよくいる場所は青ノロがある…気がする。
つまりは、
アユがコンスタントについていた場所には青ノロがあまり見られない…気がする。

ちょっと怪しいですが、石をなめるような魚がいれば青ノロの発生は抑えられる…のかな?

このこも石をなめまわします。
ボウズハゼ。

那珂川に結構いるんですね。
今年は相当かけましたよ、友釣りで。
3本チラシの3本すべてが体にかかっていたことも3回ほどありましたし。
結構目印は飛ぶんですよね。

ヌマムツ。
ここ周辺ではまだ珍しく、カワムツが圧倒的に多いですが、ムツさんはじめ多くの雑食性のおさかなさんたちだって、青ノロの抑制に重要なんじゃないですか?

オイカワさんだって。

アユの密度がオイカワやカワムツ、そして底生魚のヨシノボリ類なんかの食性に影響を与えるんじゃないか?って研究もされていて、アユが高密度だとオイカワは藻類食から昆虫食になるなんて報告もあるようです。
なので、那珂川に棲むおさかなさんたちと、アユとの生息バランスもこの青ノロの発生に効いてくるんでしょうね。

ちょっと複雑な関係性、傾向があるんだとすれば、それをとらえるのは難しそう。

ちなみに、この緑色の毛のようなもの。

藻類だと思うのですが、釣って一晩生かしておいたオイカワ1尾から出てきたものです。

すごい量を食べてるってことですよね。
でもそのまんま、おしりから出てきてる?
種類は不明ですが青ノロに似た藻で、青ノロより細かくて柔らかい藻でした。

ん?

オイカワが藻を運んでるってことはないかな?
オイカワがいる場所は青ノロが絶えないとか。
オイカワって結構流れの急な場所でも低位してキラキラ石をつついてたりしますよね。
2012年のあの大鮎だった青ノロマックスの那珂川下流域の瀬では、とんでもない量のオイカワが瀬で青ノロ?を食んでましたよ。

結局、どうなのかはわかりませんが、少なくとも石をつつく行為は青ノロをはがす行為ですから、おさかなさんたちがバランスよく生息することも、青ノロの抑制に影響していることは想像できそうです。

なんだか混沌としてしまいましたが、青ノロが少しでも減ればよいです。

台風14号が来てますね。
だいぶ水が詰まって青ノロがはってきましたので、適度に増水してくれれば、ノロも飛んで、アユの産卵にも好条件なんですがね。

今シーズンに友釣りのまとめでも次は書いてみたいと思います。

天然あゆこパスタ【那珂川の味】前のページ

記録3.6m(追風1.0m)~那珂川鮎釣り~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. AYU

    川をきる

    川で釣りをしていると、どうしてもしたくなる、川きり。…

  2. ACCESSORY

    【Bambrooch】那珂川水系のさかなたち~下げ針四天王~

    しつこいほどのバンブロ記事。失礼します…。下げ針でよくかかっ…

  3. AYU

    那珂川アユの友釣り-鰓蓋無き囮と共に令和なアユを求める―

    今年は初遡上が3月上旬に確認されたので、たっくさん釣れると期待してい…

  4. NATURE

    里山の風景―懐かしき那珂川水系「小袋田の滝」とホトケドジョウ-

    田植えが終わった4月下旬。田んぼには多くの生き物が集まっていた。…

  5. NATURE

    モクズガニイリュージョン

    那珂川のモクズガニ漁。父親が今年から許可を得て始めました。…

  6. AYU

    春のカワウはおそろしい

    アユの遡上時期。過去の記事「【過去最速】那珂川天然遡上アユが栃木県茂…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

LATEST ARTICLES

  1. LIFE

    まほろば竹伐り塾~真竹の要塞「千本城」へ時空を超えて~
  2. ACCESSORY

    那珂川流域の泥師「ドロバチ先生」との共作
  3. MASU

    那珂川サクラマス―降霜日チャンスは突然に―
  4. HANDMADE WORKS

    網編みに向けて~那珂川水系産ランディングネット製作~
  5. ACCESSORY

    【Bambrooch】ジャーマンフレンチどっち中禅寺|ブラウントラウト|
PAGE TOP