AYU

那珂川アユ解禁2020~大量遡上天然アユで満たされる川~

2020年6月1日、北関東のアユ河川「那珂川」でアユが解禁しました。
残念ながら、しばらく竿は出せませんでしたが、遡上アユの成長具合を見るべく、友釣りしてみました。
の前に・・・

天然アユ遡上状況を振り返り

天然遡上アユの帯状の群れの様子です。アユの泳ぐ音にも注目です。
陸上から観察しても、このサウンド。小さな体でたくましい。ぜひ、生で見てもらいた光景です。

今年は大量遡上。
これは間違いなさそうです。なぜなら、遡上アユの量もさることながら、川へ行けば普段アユが見られないような場所にまでアユがいます。

ただ、やはりサイズは小さいです。
数が多ければ1個体あたりの餌場の空間が少なくなるわけですし、その取り分は減るのでアユは小さくなるんでしょうね。

解禁前、遡上アユの成長はいかに?

水中をのぞいてみると…

天然アユは順調に成長していました。まだまだ小さいですが、むっちりした体つきです。石を食む様子がよく観察できます。石の後ろ側というより、水が当たる前側をよく食んでいるように思います。群れの中には小さな個体も交じっていて、天然アユのほかに、放流アユの姿もあります。やはり放流アユはやや痩せている印象。天然アユがたくさんいる川では放流魚より天然の勢いがやはり強いということなのでしょう。放流当時は群れで泳いでいましたが、分散し、こうして天然アユの群れに交じって活動するものもいるというのはしりませんでした。そして、よく見ると頭にチョウ(魚に寄生する甲殻類)がくっついたアユがいます(4分20秒あたり)。水中で観察しないと気付かないことも多いですね。ぜひ、じっくりとご覧ください。
右のアユの頭に白くあるのがチョウです。過去には友釣りでかけたアユ、そしてサクラマスやヤマメについていたこともありました。渇水の条件下でみることが多かったですね。

陸からのぞいてみると…

まさにトルネード。群れの中でも、喧嘩のような1対1で攻撃しあう行動もあるんですね。この群れが解放されて縄張りを持つタイミングとはどんなときなんでしょうか。ずっと群れだったらいやだな~。

解禁 真っ黄色な天然アユ

解禁日は竿だししてませんが、少し遅れて解禁しました。
藪に囮がかかっちゃったり、腕に錨と囮がまきついちゃったり、囮が服にくっついちゃったりしましたが、何とか真っ黄色なアユを見ることができました。

型は小さいですが、とにかく急成長しているようで体高のあるアユです。

僕の解禁は全然つれませんでしたが、まだ始まったばかりです。解禁から束釣りの情報もあります。河川状況がよくなって誰でも釣れる状況になれば、僕も大釣り出来そう?
しかし、カワウは150クラスの群れが相変わらず春からずっとステイ。昨年のような状況になるのではと、かなり不安であります。

期待と不安が入り混じった解禁……

細なサイの彩~那珂川マハシール~前のページ

自分は挿し芽で増やせない…だから時速5尾以上は保ちたい~那珂川の鮎友釣り~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. FISHES

    コクチバスの未来

    那珂川水系小河川。子供の頃、この大木の根元でよく釣り…

  2. ACCESSORY

    【Bambrooch】ラインナップ…季節外れの秋鱒

    様々な魚種、竹、模様、寝かし年月、材の状態。そして、削り方や…

  3. AYU

    霜が降りた日~アユとココロザシ~

    3月9日、朝起きると真冬並みの寒さで顔が痛む。障子を開けると眼を開け…

  4. ACCESSORY

    【天照鱒】~那珂川の流木鱒~

    天照…あまてらす天照鱒…アマテマス日光東照宮にいる…鱒の神々…

  5. AYU

    「鮎三坊主一」~那珂川の友釣り~

    はい、一向にアユの友釣りが上達しません。結果からいいますとタイトルの…

  6. AYU

    【速報2020年初】那珂川天然アユ遡上確認!!

    那珂川天然遡上アユ調査。茨城県那珂西大橋下流…右岸。遡上アユ…

コメント

    • ロビン
    • 2020年 6月 11日

    こんにちは、YouTube拝見致しました、福島県在住のロビンです!
    私は久慈川で解禁を迎えましたが今一歩で例年と比べるとまだ鮎の成長が遅い感じでした!那珂川はそんなに遠く無いのですが逆に何処に入って良いのかわからなくついつい遠くの新潟や山形の別の河川に行ってしまいます!この動画を見ても那珂川にこんな小河川みたいな所が有るんだと感心してしまいました、もし差し障り無ければお勧めのポイント御教示願えますか?ひとつ宜しくお願い致します!

      • River4129
      • 2020年 6月 12日

      ロビンさま

      コメントありがとうございます。
      久慈川同様に那珂川も遡上が多く、まだ若いアユが多いようです。
      那珂川本流は烏山より上流では100g近いアユもでているようですが、数はあまりなようです。
      台風19で川の様子も大きくかわりましたので、私も川見をしていませんので、残念ながらポイント情報を持っておりません。
      例年は県境付近をメインに竿を出しておりますが、ここ数年はカワウが多いのと、青のろで、残念ながら釣りになっておりません。台風で小さな石が堆積し、悪化したポイントも多く思います。
      やはり、烏山から那珂川町近辺で堰のような段差があり、一度魚がとまる、かつ、石が大きめな場所のほうか釣果を得やすいのではないかと思っております。
      那珂川南部漁協さんのホームページに日々の河川状況や釣果が丁寧に掲載されていますので、ご覧いただくとよいと思います。私もいつも参考にさせてもらっています。武茂川や荒川、箒川の情報もでています。
      お返事になっていないかもしれませんが、大量遡上の年にたくさんアユが釣れるよう、お互いに頑張りましょう!
      やはり、川見をして竿を出すほかないですよね、なかなか行けないんですよね~( ´△`)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    見慣れない角度からシロザケ
  2. ACCESSORY

    【蛇鷹鱒】Snakehawk masou~那珂川の流木魚~
  3. ACCESSORY

    イノシシのキバレッタ~那珂川水系発おしゃらグッズ~
  4. AYU

    台風19号が那珂川水系に運んできた「ふっかふかなお布団」~アユとシロザケの産卵床…
  5. HANDMADE WORKS

    那珂川コクチバスのバンブローチ
PAGE TOP