HANDMADE WORKS

那珂川水系原産ランディングネット「VINE」~凹に凸レーション~

那珂川水系原産の流木と竹を材料に作るランディングネット「VINE」

「Shoot」やら「Chaos」やら「Black Yam」やらなんやらとともに時間が許す限り、すこ~しずつ作業を進めています。
粗削り。
カーブなハンドルが命。
凸凹も。

すごい模様です。削り具合で模様を調整していきます。
ここぞのポイントで止めないと、がっかりな感じになることもありますので、慎重に、でも躊躇なく大胆に、自分の感覚で。

下の写真。
ここの凸凹は、かなりイイ。
そして、向こう側がみえる箇所がありますので、ここは凹に凸る、凸レーションの出番です。

「VINE」の特徴としてはまず、竹鱗フレーム
前回の記事はこちら。「竹鱗フレーム
なかなかいい感じの竹鱗フレームに仕上がっています。

凸レーション

さぁ~VINEに「凸レーション」を施します(でこれーしょん)。

これは、なんでしょう?

那珂川水系の粘土から成型して焼きこんだ、、、焼き物です。
粘土は自ら掘り出して、大きな石やごみを除去しながら仕立てたもの。
焼いている際、自然に溶け出し、ガラス化しています。
まさに、石。
これを砕いて、、、、細かな砂にしていきます。

最高の材料です。

これを、VINEの隙間に埋め込みます。
先ほどの大きな隙間には鹿角を施しましたので、その周りにも凸っていきます。

裏側にも焼き物を施していきます。

竹鱗フレームに虫食いを。
そして、焼き物を埋めます。

ちなみに、流木ハンドルと竹フレームの接点には、「Chaos」同様に鹿の角をあしらいました。
デザインとしてだけでなく、強度アップも目的です。

横からみるとこんな感じです。

川に落としたら、どこにあるかわからなくなりそうですね。
那珂川との一体感を心がけています。

とにかく、使う材料は自分で採集して、加工してと、こだわったものを使いたい。手間はかかりますが、とても思い入れの強い、大切なものができあがります。

これから、細かな修正のほかに、研磨やネットを取り付ける溝をつけたり、穴をあけたり、、、、、そして塗装と、まだまだ工程はありますが、焦ることなく大事に育てていきたいです。

また、状況をアップします。

那珂川水系原産ランディングネット「Shoot」~ハンドルをきる~前のページ

鬼怒鱒~鬼怒川の八頭身~【魚類妄想生態学】次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. FISHES

    モクズガニの藻彩な腕毛針

    フライフィッシング。ほぼ経験がないフライフィッシング。10年前に1度…

  2. HANDMADE WORKS

    【RED UNEARCH】那珂川水系産ランディングネット

    那珂川水系の材料でつくったランディングネット…【RED UNEARC…

  3. ACCESSORY

    【マスノマスク】~欅への擬態~

    北関東「那珂川」。まもなく渓流解禁となります。とは言っても茨城では3…

  4. HANDMADE WORKS

    ぶっつけルアーからの脱却~10年振りのハンドメイドミノー

    ハンドメイドルアー。初めて製作したのは、小学生のとき。バス用…

  5. HANDMADE WORKS

    【黙目杢】那珂川がつくりだすもの~見えてないもの~

    ランディングネットの材に。もくもくしています。細か~…

  6. ACCESSORY

    マリアナうなぎ

    恒例のバンブローチ。しばらくウェット状態におりました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

LATEST ARTICLES

  1. ACCESSORY

    那珂川の造形師「尾長三光」先生との再会
  2. ACCESSORY

    思出鱒の黒鱒化と微笑鱒…そしてOtolith in
  3. AYU

    【速報2022年初】那珂川天然アユ遡上確認!!
  4. AYU

    野生の姿を…那珂川にみた
  5. FISHES

    【UNA】土用の水遣い「未滑鰻水 」先生
PAGE TOP