ACCESSORY

玉に集まる思出鱒と耳石鱒「改」

鱒ブローチ各種、前回の記事。
思出鱒の黒鱒化と耳石鱒。

今回は思出鱒にオイル入れ。

玉に集まるという鱒たち。

若干の艶を持ちました。

思出鱒のほかに、レイクトラウトとブラックマスもまぎれております。

眼が入ると一段と雰囲気を増す鱒たち。

玉からエネルギーを吸っています。
玉に込めた想いを鱒に注入させる作業…

一個体一個体、彫るときは無心ではなく、常に想像の世界にいます。
釣りのことや人との関わり合いのことなど、情景を浮かべながら彫ります。

今回は、歴史ある古民家の材に自然染色を施すということで、いつも以上に思い入れが強い鱒となりました。

染色も自作の自家製。
ほんとうにRiverlineオリジナル、こだわりました。

柿渋の色合い。
そのうえに発色する水系の鉄分と柿タンニンの作用による黒。

彫りの凹凸を活かした染色により、なんとも味わい深い鱗模様がでました。

単に染色するだけでなく、彫りと擦りのバランスによってさらにデザイン可能。

この手法の奥深さを知り、色々と試したいことがあふれてきました。

ほんとうに、まぎれもない若葉の初心者マークのRiverline。

日々トライして、自分がすきなものを作っていきたいと思います。

結局のところ、耳石鱒こと「オトリスマス」は彫り直し…
Riverlineのロゴデザインでもある「耳石」は頭からブローチ裏面の焼印の横に埋め込むこととしました。

完成したら旅に出て、
素晴らしい魚たちと出逢い、その感動の思い出を刻んでほしいです。

思出鱒の黒鱒化と微笑鱒…そしてOtolith in前のページ

タラボにタマムシ~流雷鱒~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. HANDMADE WORKS

    【ANBAI】那珂川水系産ランディングネット

    ミズナラ流木グリップシリーズ。 【SUISAI】や【AOMIDORI…

  2. ACCESSORY

    【想像の那珂鱒】~那珂川の流木鱒~

    こんなサクラマスを死ぬまでに釣ってみたい…そういうイ…

  3. HANDMADE WORKS

    那珂川水系原産ランディングネット「VINE」~凹に凸レーション~

    那珂川水系原産の流木と竹を材料に作るランディングネット「VINE」。…

  4. ACCESSORY

    那珂川水系泥いじり~陶魚製作~

    僕が陶を始めたのがちょうど10年前のこと。小学生のころに目星をつけて…

  5. HANDMADE WORKS

    那珂川水系原産ランディングネット「VINE」~竹鱗フレーム~

    那珂川水系原産材を使用したランディングネットたち。下の写真のネットは…

  6. HANDMADE WORKS

    ランディングネット 草木泥染め

    製作中のランディングネットのひとつ。カミングスーンなのがラン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    浅春モクズガニパスタ2023
  2. MASU

    那珂川サクラマス―降霜日チャンスは突然に―
  3. FISHES

    幻のルリヨシノボリ
  4. FISHES

    コクチバスの彩と食
  5. AYU

    鮎よさげなかんじ
PAGE TOP