ACCESSORY

玉に集まる思出鱒と耳石鱒「改」

鱒ブローチ各種、前回の記事。
思出鱒の黒鱒化と耳石鱒。

今回は思出鱒にオイル入れ。

玉に集まるという鱒たち。

若干の艶を持ちました。

思出鱒のほかに、レイクトラウトとブラックマスもまぎれております。

眼が入ると一段と雰囲気を増す鱒たち。

玉からエネルギーを吸っています。
玉に込めた想いを鱒に注入させる作業…

一個体一個体、彫るときは無心ではなく、常に想像の世界にいます。
釣りのことや人との関わり合いのことなど、情景を浮かべながら彫ります。

今回は、歴史ある古民家の材に自然染色を施すということで、いつも以上に思い入れが強い鱒となりました。

染色も自作の自家製。
ほんとうにRiverlineオリジナル、こだわりました。

柿渋の色合い。
そのうえに発色する水系の鉄分と柿タンニンの作用による黒。

彫りの凹凸を活かした染色により、なんとも味わい深い鱗模様がでました。

単に染色するだけでなく、彫りと擦りのバランスによってさらにデザイン可能。

この手法の奥深さを知り、色々と試したいことがあふれてきました。

ほんとうに、まぎれもない若葉の初心者マークのRiverline。

日々トライして、自分がすきなものを作っていきたいと思います。

結局のところ、耳石鱒こと「オトリスマス」は彫り直し…
Riverlineのロゴデザインでもある「耳石」は頭からブローチ裏面の焼印の横に埋め込むこととしました。

完成したら旅に出て、
素晴らしい魚たちと出逢い、その感動の思い出を刻んでほしいです。

思出鱒の黒鱒化と微笑鱒…そしてOtolith in前のページ

タラボにタマムシ~流雷鱒~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. ACCESSORY

    【Bambrooch】那珂川水系のさかなたち

    冬ってこんなに寒くないものでしたか。もっと寒い気がしてましたが、これ…

  2. ACCESSORY

    那珂川の造形師「尾長三光」先生との再会

    前回の記事から1カ月以上経過。書きたい衝動、今日こそはと毎日毎日過ご…

  3. HANDMADE WORKS

    ぶっつけルアーからの脱却~10年振りのハンドメイドミノー

    ハンドメイドルアー。初めて製作したのは、小学生のとき。バス用…

  4. ACCESSORY

    流木ブローチ・バンブローチ各鱒SHOPにUP!!

    流木ブローチ、バンブローチ各鱒、WEB SHOPにアップしました。い…

  5. HANDMADE WORKS

    【RED UNEARCH】那珂川水系産ランディングネット

    那珂川水系の材料でつくったランディングネット…【RED UNEARC…

  6. ACCESSORY

    ブラックマス~那珂川の流木鱒~

    ブラックバス…じゃなくてブラックマス。ブラック鱒!!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    スゴい…もうロコ
  2. FISHES

    銀鱗のシロザケが放つ淡い色~那珂川の回帰鱒~
  3. HANDMADE WORKS

    Driftwoodなランディングネット
  4. HANDMADE WORKS

    凹に凸るのが僕のランディングネットなり
  5. ACCESSORY

    思出鱒の黒鱒化と微笑鱒…そしてOtolith in
PAGE TOP