HANDMADE WORKS

世界に一つだけの玉(じるいじる季節かんじる)

最高気温20℃を越え、汗でじめついた足回りや脇下では蒸かした大豆が納豆化しそう。
そんな春に僕はこの町で、いったい何をしているのだろう。

とあるレミオロメンな日に、とある方に「茂木出身なのに全然訛ってないね」なんて言われまして、その時は「そうなんですよ!高校卒業して町を出たんで!」なんて張り切っていったものの…
しばらくしてどこか胸苦しさを覚えました。

花粉の飛散が悲惨なほどで、花粉症を発症していない僕でも目や鼻に異常をきたしていて、きっとそのせいだろうとも思ったんですが、どうやら違ったことが、先ほどお風呂でわかりました。

近頃は家に帰るとちびっ子たちはすでにお風呂を済ませていて、ぬるまった湯にはアンパンマンが浮いています。僕はこのアンパンマンをいじりながら「それいけアンパンマン」を無意識に口ずさんでいます。

そんな入浴中にはきまって一日の振り返りがなされるのですが、時は岩手県沿岸での生活にタイムスリップ。

三陸の夜景。星がとにかくきれいでした。(内容とは一切関係ありません)

そこで春にしていた三陸わかめの加工のお仕事。
ひたすらに湯どおしされて流れてくる超ロングな三陸わかめをかまして(かきまぜて)いた時のこと、ズーズー弁で有名なあの三陸のおばちゃまに言われた一言を思い出しました。

「あんちゃん、ずぃぶんとおなまってるけんども、生まれはどこなの?」

正確なイントネーションは難しすぎて思い出せない…けれども
それほどに訛りのきつい土地の方に、そういわせたことに、むしろ、ほこりさえ感じたのでした。
地元の中でも訛っていると感じることも多く、決してその訛りを残念に思ったことはありません。

僕の特徴なのか個性なのか、もうそんな高領域にまで達していた訛りというものを僕はついに…

欠いてしまった…。

いったい僕はこの町で、何をしているのだろう…

その胸苦しさはまぎれもなく、自分を失った、さみしさだったのでした。

そんな春に僕はとある挑戦をしたのでした。

じるいじる季節かんじる

そうなんです。じるです。汁いじりです。
ただ、こんなにもきれいーな黄色はなかなかないですよね?

ちなみに左はヒサカキの実を熟成させたもので、たぶん発酵していると思います。
ワインができそうなブドウな感じの香りがきつい汁です。

ランディングネットの染色にと色々と実験中なのですが、当初のヒサカキの実の青色はなくなってしまいましたが、どんな色に染まるかが、とても楽しみです。

そして黄色い汁の方。
おそらく世界で初めてではなかろうかと思います。調べてはいませんが、おそらく。
これは刈り取った竹の表面を洗った際にでた垢です。
こすっているとやけに黄色くて、洗っているうちに捨てるのが惜しくなって・・・・
気づいたら絞って採取してました。

おそらくはここ那珂川流域の竹林に存在するカビやチリなどかなと想像してます。
竹表面にはコケのようなものも張っていますし、竹自体も黄色くなっているものもあります。

そして黄色い汁を丁寧にしぼったあとに出て来たのが・・・・

こちら。

まさに流域のあらゆる生き物の集合体。
竹羅万象。

おそらく、この工程を経て、この玉を得たものは他に…いないのではなかろうか…。

まさにこれは、

「世界に一つだけの玉」(TSMAP(つまっぷ))

濾したあとの布はこんな感じですがそもそも布が黄色いのでなんとも染め感は不明ですが、玉はそうですね、酵母にもできそうですが、僕はあれに使いたいと思います。

それはできたあとのお楽しみということで。

過去のじるいじる記事はこちらです。よかったら合わせてどうぞ。

じるいじる季節かんじる(まえおき)

じるいじる季節かんじる(果実編)

じるいじる季節かんじる(ちたけ編)

浅春モクズガニパスタ2023前のページ

春はさみしさをこえてやってくる次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. HANDMADE WORKS

    導かれるままに進むのみ

    ブログ運営開始からもうじき6年が経とうとしています。わざわざ時間とお…

  2. NATURE

    里山の風景―懐かしき那珂川水系「小袋田の滝」とホトケドジョウ-

    田植えが終わった4月下旬。田んぼには多くの生き物が集まっていた。…

  3. NATURE

    向こうと…こっちと

    家の中にいると、黒い中腰がぬっと玄関の戸にせまるのが見えた。ほっかぶ…

  4. ACCESSORY

    那珂川で熟成した流雷木

    流木ブローチ「流木鱒」。とにかく黒い材。心材といわれるような…

  5. ACCESSORY

    那珂川水系泥いじり~陶魚製作~

    僕が陶を始めたのがちょうど10年前のこと。小学生のころに目星をつけて…

  6. FISHES

    【箱眼鏡と梅干の効能】竹竿カジカ釣り

    竿をなんの迷いもなく振る、娘。まだまだ暑かった秋の夕暮れ、那珂川。ラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

LATEST ARTICLES

  1. AYU

    遡上鮎よくのぼってます…そしてモクズガニ
  2. FISHES

    Hello Riverline world!
  3. FISHES

    【生甘い】那珂川天然ウナギを求めて川漁へ
  4. FISHES

    水がガラス化する瞬間に
  5. AYU

    カワウ襲来~那珂川遡上アユを捕食!?~
PAGE TOP