AYU

とろんとろん那珂川

朝つまらない想像をしてワクワク。
川でこうしてカジカガエルの鳴き声を聴くことができる日常。

まるで時が止まったかのように固まって動かない。
おそらくは突然のこと。

我にかえる。

今日も生きていることだけは確かです。

梅雨。
出逢いは唐突。

今年に入ってからずっと、思い描いていたことに巡り合いました。
このあとどのようになるかはわかりませんが、できるだけ多くの時間を過ごしたいと思っています。

久慈川水系。

そう、袋田の滝です。

今年は久慈川も流域全スキャニングのようで、滝直下まで鮎がいました。

まるまると太った立派な鮎です。

さすがにこの流れは越えられないようす。

渓相も水も、そして八溝の山々も、この久慈川水系は魅力。
大子という地にとても魅力を感じています。

そして那珂川。
もう解禁の前々前夜です。

水は減水しましたが一時の超渇水から回復。
ただ川底はグリーンカーペット。
好みの流れにはしっかりと生えています。
いまも少しずつ流れていて一時期よりは減りましたが、竿を出すのをためらってしまう…。

そして病気の心配も。

冷水菌にもいろんなタイプがいるようです。
鮎がとりわけ多い今年ですから、今後さらに多くの冷水菌タイプが出てくる可能性もあるかもしれません。

とろんとろんな水。

バブル。

鮎の粘液の影響もあるんじゃなかろうかと想像してしまったほどのバブル。

この時期のこの独特の川のかおり。
川沿いの草を分け入る時のかおりも懐かしく、いい。

しかし、どうしてなのだろう…。

いよいよ解禁だというのに。
川を歩いていると、どうしてかマイナス要素ばかり飛び込んでくる…。

鮎はたくさんいるのだけれど、どうもこう…晴れない。

さぁ、どうするか。

「々」限りある時間のなかで前のページ

密に点々と広がる縄張空間次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. FISHES

    コクチバスの未来

    那珂川水系小河川。子供の頃、この大木の根元でよく釣り…

  2. AYU

    Seventeen 続ロストワールド~那珂川鮎釣り~

    鮎の塩焼き。とてもうまそうですよね。たしかにうまいです。うまいんです…

  3. FISHES

    魚のすむ「よさげ」な場所

    一日の温度差が20℃。自律神経の乱れを恐れることもなく、コーラを飲む…

  4. FISHES

    モクズガニの藻彩な腕毛針

    フライフィッシング。ほぼ経験がないフライフィッシング。10年前に1度…

  5. FISHES

    ジヤマメを探しに

    かっさかさな地に雨が降って、少しばかり潤ったここ那珂川流域には…トロ…

  6. AYU

    新月と雨、一筋の流れに鮎を感じる

    2月20日の新月と昨日の降雨。水量は変わらずですが、雨がやや川の水温…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    ジヤマメを探しに再訪
  2. HANDMADE WORKS

    網編みに向けて~那珂川水系産ランディングネット製作~
  3. AYU

    カワウ入り浸りが引き起こす~カワ負スパイラル~
  4. LIFE

    それを知れば知るほどに…
  5. LIFE

    ほこりという思い出
PAGE TOP