HANDMADE WORKS

那珂川水系原産ランディングネット「Black Yam」~焼流竹インナーフレーム~

那珂川水系原産材を使用し製作中のランディングネットたち。

今回紹介するのは「Black Yam」。上の写真の一番左のランディングネット。
内径縦25㎝ほど。か~なり軽いです。
その左となりに映る黒いもの。
焼流竹インナーフレームです。「やるだけ」と読みます。

竹フレームの内側に焼きを入れたフレームを合わせたい。実は2014年にぶっつけ大工的に製作したランディングネット「HIGURE」のフレームは2層の竹でできており、内側は焼き色を全面に施してありました。

https://www.instagram.com/p/B5kaw_YpVyK/?utm_source=ig_web_copy_link

焼流竹の起源

実はその製作段階に生まれたのが焼流竹。やるだけです。
まさに失敗から生まれたデザイン。

薄く剥がした竹を火であぶり、焼き色をつけていきます。全面的に焼き色をつけていき、次は心の向くまま部分的に火を強くあて、一点集中。

火が気ままに竹を焼き進めていきます。

自分の好きなタイミングで焼き進む火を消してさサンディング。

焼流竹の完成。

なんとも言えない波模様。

決して規則的ではない。けれど、バラバラでもなく、心地よい。
そんな自然なバランスを求めて作ります。

これから張り合わせに入ります。

さあ~、うまくいくのか。

詳細は次回。
その時に、重さや大きさなどの詳細情報もアップしていきます。

那珂川水系原産ランディングネット「VINE」~竹鱗フレーム~前のページ

那珂川水系原産ランディングネット「Shoot」~川沿いの竹林が生み出す怪軌線~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. HANDMADE WORKS

    ハンドメイド生態

    那珂川のサクラマスの生活史について、5/24の記事【魚類妄想生態学】…

  2. ACCESSORY

    思出鱒の黒鱒化と微笑鱒…そしてOtolith in

    ヒキガエルが産卵しました。里山です。那珂川流域の築1…

  3. ACCESSORY

    那珂川水系泥いじり~陶魚製作~

    僕が陶を始めたのがちょうど10年前のこと。小学生のころに目星をつけて…

  4. HANDMADE WORKS

    草木染、そして新素材

    春は急速にすすだように思います。遅れていたはずが一気に。三光…

  5. ACCESSORY

    タラボにタマムシ~流雷鱒~

    流雷木雷に打たれ、焼かれ、枯れ、流木となり流れついた木。…

  6. ACCESSORY

    流木ブローチ・バンブローチ各鱒SHOPにUP!!

    流木ブローチ、バンブローチ各鱒、WEB SHOPにアップしました。い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

LATEST ARTICLES

  1. AYU

    那珂川の鮎という種、流域スキャニング
  2. FISHES

    「三種の団子」那珂川の蟹魚でん
  3. ACCESSORY

    【想像の那珂鱒】~那珂川の流木鱒~
  4. AYU

    春のカワウはおそろしい
  5. AYU

    とろんとろん那珂川
PAGE TOP