FISHES

那珂川に浮かぶ「モクズガニ軍艦」

へいっ!らっしゃい!!
「つなっち寿司」へようこそ。

秋に急遽開店した「つなっち寿司」。
ネタはもちろん那珂川のもじゃげ様ことモクズガニ。

こんなカニ。

くりくりおめめ。
正面はすごい構造。モクズガニのプラモとかできないのかな。売れそう。
オスの大きなハサミと毛が特徴。
ぶくぶく。

かっこいいカニです。
形態的な部分もたくさん紹介したいのですが、今回はお預けで…。

とにかく濃厚クリーミーなミソ。
そして程よい弾力と甘みの強い身。

味わい深い。

食べ方は…
・味噌汁
・ふかす(むす)
・ゆでる
色々ありますが…

今回は寿司です。

貴重なモクズガニの希少をいただく

獲れるモクズガニのなかでもほんの僅かしかいない、超大型個体を使用した軍艦を作ります。
モクズガニというとミソが有名ですが大型ともなれば身は十分にとれます。
ただし、野生の生き物というのは基本的に高齢個体が非常に少ないです。

過酷な環境を長くいきた強者である彼らは超希少。
その貴重なモクズガニをいただきます。

まずはふかす(蒸す)。

鮮やかなオレンジにかわります。
腕が大きい雄。
そしてミソはたっぷり。超濃厚。
香りも格別です。
身はぷりぷり、とにかく甘みが強い。
この透明感。一筋一筋がしっかり弾力があって、いまにもはじけそうなのがわかりますよね。

ミソと身をとりだしたら…
酢飯に海苔を巻いて…

さ~のせます!!

那珂川へいざ、出発!!

色合いが美しい。
香りが飛んでくる気がします。
上から見ると…
近くで見ると…
わ~たまりません。

野生のモクズガニのエネルギーを最大限に味わえます。
とにかく、臭みはなく、濃厚で甘みが強い。

ワサビと醤油で食べても、塩で食べても相当おいしかったです。

計7個体の希少モクズガニから22軍艦ができました。
軍艦1つは通常の軍艦よりかなり大きく、お稲荷さんより少々小さめなサイズ感です。

最高の贅沢です。

写真はしつこいですが…

…味はしつこくないですよ。

油もあってそれがより濃厚にさせてくれます。

少しだけ、酢飯と身とミソが余ったので…
混ぜて…

おにぎりにしました。

余ったミソが少なかったのでやや黄色味がかったご飯ですが、ミソがたくさん入ると濃い黄色のおにぎりができます。

それにしても、おいしかった。
家族全員、大満足でした。

那珂川の恵みに心から感謝です。

マハゼの聖地で時速30前のページ

【秋色の那珂川】なんでそんなに跳ねるのか?次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. AYU

    時速1尾が生んだ新釣法~那珂川の友釣り~

    那珂川が少し増水。アユがまた降ってきたんじゃない?そう妄想し…

  2. AYU

    川をきる

    川で釣りをしていると、どうしてもしたくなる、川きり。…

  3. AYU

    秋アユは若サイのごとし~那珂川の友釣り~

    秋晴れです。河原にはコスモス。素晴らしい光景です。…

  4. AYU

    「鮎三坊主一」~那珂川の友釣り~

    はい、一向にアユの友釣りが上達しません。結果からいいますとタイトルの…

  5. FISHES

    スゴい…もうロコ

    秋の那珂川水系。御前山ダムの紅葉。そしてカワウのねぐら。いますね~魚…

  6. LIFE

    水まわり

    水道の蛇口をひねればでる水。ごく当たり前なことのように使って、無駄に…

コメント

    • Bamboo
    • 2020年 11月 26日 10:45pm

    これは、売れますね!とても美味しそう!

      • River4129
      • 2020年 11月 27日 11:57am

      はい、ぜひご家庭でやっていただきたいです。
      モクズガニの良型がそろえば身も十分取れますので是非。
      来季のご注文お待ちしております。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

LATEST ARTICLES

  1. ACCESSORY

    玉に集まる思出鱒と耳石鱒「改」
  2. MASU

    那珂川サクラマス解禁―シラメ何処へ―
  3. FISHES

    魚のすむ「よさげ」な場所
  4. AYU

    時速1尾が生んだ新釣法~那珂川の友釣り~
  5. AYU

    【秋色の那珂川】なんでそんなに跳ねるのか?
PAGE TOP