AYU

熟む産む埋む~那珂川本流の鮎の産卵~

トンビがびっくりするほど飛んでいた那珂川下流域。
何だろうか?サケでも死んでいるのかな?
狙いは産卵で弱り、流れる鮎。
波立つ岸際の浅瀬には…。
もわっ、もわもわっと何かがいる。
一瞬でバシャっとあわただしく動く。
そこには鮎の姿が。

それも、小型の鮎がびっしりと。
ただ、この子たちはどうやら産卵前なのか、後なのか、あとからわかるのですが…ずっと岸よりで遊んでいる様子。
不思議。
夕方には産卵に交じるのか、産卵時の黒々とした色もみらません。
この小さな鮎は、遅くに降ってきた霜寄?(鮭漁師さんに教えてもらったのにあいまい)といわれる鮎だそう。
遅くに産卵場に到着した霜寄はこの浅瀬でしばらく遊んで、完全に熟しきったところで産卵に交じるのでしょうか。

昼を過ぎると浅瀬は賑やかに。

熟む産む埋む。うむうむうむ。

たくさん鮎はいるけれど、なかなか産卵シーンをとらえるのは難しい。
産卵の行動、場所はとても勉強になりました。

川底がきれいに洗われた狭場所の…さらに狭い点…
そんなピンスポットで産卵している。
限定的なのですね。

雌に雄が寄り添って産卵を促し…雌はしきりに口元を石の下のほうへ入れたり触れたりして…
何か吟味しているような。

卵が入りやすい空間というか、卵が良い環境で過ごせるように水が石の間をきちんと流れている空間を探しているような。
そんな風に感じました。

寿命は1年。産卵を終え、次世代へと命をつなぎます。
生命力に満ちあふれた那珂川の鮎。その産卵のようすをどうぞご覧ください。

そして、産み付けられていた卵にの中には発眼した鮎の卵が。
もうすぐ海へ向かいます。

こんな荒々しい流れにも悠々とのって海へいくのでしょう。
無事を祈るばかりです。

それとこの日は鮎の産卵場の調査も行われていました。
流速や底質などを調べている様子。
今年はどうやらこの辺が鮎の産卵が多いということ。

岸には息絶えた鮎の姿。

しかし、この場所には…

仕掛けや…

ゴミが…たくさん。

これだけの鮎が集まっているのですから、相当釣れるのでしょう。
自分の行いも含めて、なんとも言い表せぬ複雑な気持ちに。

・・・

・・

鮎たちは、ちゃんと見ているでしょう。
そして知っているでしょう。
これからの自分たちのことも、そして我々人間のことも。

夕暮れの那珂川にのまれる鮎前のページ

目印が過去最高に飛んだ日~那珂川の鮎釣り~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. FISHES

    【生甘い】那珂川天然ウナギを求めて川漁へ

    梅雨の那珂川。今週は雨が続き、川の様子も好条件。そこで、製作の合間を…

  2. AYU

    鮎を迎えにいこう

    すべての始まりは3年前。自分がやりたいことを書き出して、なんとなく具…

  3. FISHES

    コクチバスの未来

    那珂川水系小河川。子供の頃、この大木の根元でよく釣り…

  4. FISHES

    君が風に舞う髭かき分けた時の…

    思い出す…意味なく…変わらない香り……

  5. AYU

    にぎわいは鮎とともに消え…

    11月中旬の鮎産卵観察から一週間ほどして再訪。相変わらず、にぎやか。…

  6. AYU

    怪伝「那珂川雨乞体操」

    4月下旬。今日はとても暖かくて、半袖短パンでOKな日。もちろん僕は長…

コメント

    • ジミー
    • 2020年 11月 13日 10:16pm

    鮎の産卵って川で行われるんですね…

    シーバスの落ち鮎パターンは、産卵後死にそうになった鮎のが流れてきて、それを食いにシーバスが待ち構えてるパターンなんですね。

    今週は新月大潮なので、あゆも落ちるのは、最後になるんでしょうか?

    シーバスやりたいけど千歳から上やれませんからね……

    本当残念です。

      • River4129
      • 2020年 11月 13日 11:01pm

      12月になっても産卵する鮎もいるようですが、やはり多くは10~11月だと思います。
      今週はまだ産卵してると思います。

      千歳橋下流はよいのですか?
      下流の遊漁可能範囲などについて、私はあまり把握してないんです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

LATEST ARTICLES

  1. AYU

    雨と鵜と…いま
  2. HANDMADE WORKS

    魚類妄想生態学会~サケマス分科会~
  3. AYU

    【秋色の那珂川】鮎の彩
  4. AYU

    【秋色の那珂川】なんでそんなに跳ねるのか?
  5. AYU

    【河川芸術界の巨匠】髭長先生とハミアート
PAGE TOP