FISHES

東京スカイツリー ~カゾクとボクと、時々、ハゼドン~

東京の家族のところへ。東京スカイツリーがこんなに立派に見えます。

存在感のあることあること。

そうです、東京にきたらやらなきゃいけない釣りがあります。

東京スカイツリーの御膝下でハゼ釣り

「ハゼ」は正式には「マハゼ」という種類です。

海と川を行き来するハゼで、全国各地広く分布する種です。冬から春にかけて河口域で産卵し、湾口内や河口などの汽水域が主な生息場とされています。近年では、河口で生まれた個体が川を遡上して、しばらく淡水域で過ごしたのち、産卵のために海へ降りる個体もいることもわかってきました。当然、那珂川にも生息していますが、せいぜい河口から20kmほど上流までが生息域ではないでしょうか。

まあ、マハゼはここ東京が本場、江戸期から釣りが楽しまれてきたらしいですから。

さて、クローバー橋へ。

横十間川と小名木川の交わるところ。荒川と隅田川をつなぐ川です。水が時折、強く右に流れたり、左に流れたり、止水になったりする、不思議な環境。基本は護岸のようですが、蛇籠のようなものが水路壁に沿ってところどころ設置されており、葦のような植物が植えられていました。ハゼにとって絶好の隠れ場が提供されてます。

釣り雑誌にもたびたび紹介される超有名スポットだけあって、たくさんの人が釣りしてます。見ていると釣りのスタイルはハゼ釣りでも様々。リールを使う人、のべ竿の人、そしてウキ釣りの人もいれば、ぶっこみ釣りの人もいます。そして、やはりというか当然ですが「和竿」を使用する方も。ここらへんは和竿のお店もありますし、これも本場ですよね。

関係ないですが、歩道にあった水鳥?のロゴ。さすが東京、いかしてますね。

今日のハゼタックル

万能竿Newエース1号(ストロング社?)韓国製!!

針はスーパーフィッシングフック。こちらも韓国製。パッケージカラー、シール、イラスト、すべてがイケてます。ただ、後に問題もありましたが、、、、。

餌は近くの上州屋で青イソメを購入。上州屋は24時間営業な上に、洗い場まである。ナイス!こっれって普通ですか??

かかりが悪いのがハゼ釣りなの?

江戸の水郷。雰囲気はばっちり。あたりもかない多いですが、相当引き込んでもかからない・・・かかりの悪さが際立ちました。

ハゼ釣りって、こんな感じなのかな?それも含めて楽しかったのが本音なのですが、せっかくなら爆釣したい。今回は検証できていないですが、針先が甘かったのが原因でないかと思うわけです。

スーパーフィッシングフック韓国製。おそらく25年ぐらい前のもの。仕方ないです・・・・。

それでも、ちびっこたちもかなり楽しめたようです。

ちびっこの靴がこんなんですから。相当夢中になったのでしょう。そして、スーパーフィッシングフックでなければ、ここまでにはならなかったとも思うわけです。

・・・

ハゼドン

ウルトラマンの敵っぽい。

証明写真

Acanthogobius flavimanus

また、東京でハゼ釣りしたいです。

今度は、和竿で針も新調して挑みます。

ランディングネット「Monkey chair」は薬効あり!?前のページ

銀鱗のシロザケが放つ淡い色~那珂川の回帰鱒~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. AYU

    熟む産む埋む~那珂川本流の鮎の産卵~

    トンビがびっくりするほど飛んでいた那珂川下流域。何だろうか?サケでも…

  2. FISHES

    コクチバスの未来

    那珂川水系小河川。子供の頃、この大木の根元でよく釣り…

  3. FISHES

    【UNA】土用の水遣い「未滑鰻水 」先生

    ヒグラシの鳴き声と肌寒さで目が覚めた土用の朝。さっきまで雨が…

  4. FISHES

    【箱眼鏡と梅干の効能】竹竿カジカ釣り

    竿をなんの迷いもなく振る、娘。まだまだ暑かった秋の夕暮れ、那珂川。ラ…

  5. FISHES

    那珂川のサクラマス産卵場2019

    11月上旬の木ノ俣川。これより少し上流にサクラマスが遡上できない堰堤…

  6. FISHES

    リズムは4、生活としての釣り

    寒暖差が気になりだした10月のこと。川沿いの朝は特有の霧に覆われて、…

コメント

    • 皆川 勇
    • 2019年 11月 03日 6:50pm

    地元を紹介してもらってありがとう。川のそばで暮らすのってめちゃくちゃ贅沢だと思います。
    都会の川も季節感があっていいものですよ。子供たちも楽しんだみたいで良かったです。

      • River4129
      • 2019年 11月 03日 9:58pm

      贅沢ですね。東京もこちらもリバーサイド。
      やはり「川」に縁がある気がします。「川」で繋がっているんですね。
      都会の川、もっと知りたいと思った2日間でした。
      また、行きますね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

LATEST ARTICLES

  1. ACCESSORY

    那珂川水系原産イノシシをフィッシングツールへ~トシタカからサンへの贈り物~
  2. HANDMADE WORKS

    那珂川水系原産ランディングネット「Shoot」~川沿いの竹林が生み出す怪軌線~
  3. ACCESSORY

    玉に集まる思出鱒と耳石鱒「改」
  4. LIFE

    彼らの中心にいる感覚~那珂川の水脈にて風の草刈り~
  5. AYU

    鮎を迎えにいこう
PAGE TOP