NATURE

那珂川とサンコウチョウ~2019

サンコウチョウ…蝶ではありません。

鳥です。

学生時代にバードウォッチング的なことを覚えて、鳥の図鑑を眺めているうちに、どうしても見てみたい鳥ができました。それがサンコウチョウでした。

夏休みに地元に戻ると、川沿いを飛ぶ黒長い飛行物体が。

あっさりといたサンコウチョウ。

就職して栃木に戻ってからも毎年、色々な水辺付近の森で見かけるサンコウチョウ。豊かな水と森がある証拠なのでしょうか。春、那珂川の川に立つと、どこかで鳴いている。

近年は鳴き声はするけど、姿は見られないことも多かった・・・・・

しかし、毎年いる環境に感謝です。

例年、5月のGWごろには南国からやってきて、ここ日本で繁殖して、9月ごろにはまた南国へ帰るのです。

巣はクモの巣やコケで作られていて魅力的。同化ですね。
こんな器あったら即買いです。

必ずと言ってよいほど水際の木に営巣します。
水面上の木に営巣する理由はわかりませんが、おそらくフンを川に流せるので巣の居場所を敵から 特定されにくいとかあるのかもしれません。

・・・・

月、日、星・・・・ホイホイホイ♬

11月だというのに鳴いている!?

・・・・と思ったら

中国に生息するというガビチョウ(特定外来生物)でした。

・・・・

サンコウチョウ、また、来年もぜひ来てちょうだい。

那珂川のサクラマス産卵場2019前のページ

カワウ入り浸りが引き起こす~カワ負スパイラル~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて

関連記事

  1. HANDMADE WORKS

    マンモスを狩るのをやめた日

    それは今の僕たちのすぐそばにあるもの。様々な歴史を物語る遺品というの…

  2. NATURE

    【河川芸術】~川の氷~

    新年のとても寒い朝。ちびっこと早起きして川歩き。蝕まれる……

  3. NATURE

    ジェンサンがくる~タガメワークショップ~

    すっかり田んぼの稲も穂がたれてきた8月。ここ那珂川流…

  4. LIFE

    【那珂川緑紅茶】琉球縞葦湯呑で味わう

    鮎のぼる時期。青々しくなる草木に気になるのは……

  5. LIFE

    故郷の川をおもう

    広葉樹の森から流れる沢が無数にあってカジカやホトケドジョウ、遡上系の…

  6. NATURE

    モクズガニイリュージョン

    那珂川のモクズガニ漁。父親が今年から許可を得て始めました。…

コメント

    • 皆川 勇
    • 2019年 11月 12日 12:56pm

    素晴らしい巣ですね。木の枝に絶妙のバランスで作るとはなかなかやるなー。色合いもいいですね。
    季節を運んでくれる鳥がいる自然環境がいつまでも続いてくれることを願います。

      • River4129
      • 2019年 11月 12日 3:53pm

      Y字の枝に作るようです。
      以前はY字の枝が木からぶら下がっていて、そこへ巣を構えました。
      写真のやつです。同化ですね、自然の色って魅力的です。

      水面上の木に営巣する理由はわかりませんが、フンを川に流せるので巣の居場所を
      特定されにくいとかあるのかもしれません。驚く工夫がいっぱいなんですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

LATEST ARTICLES

  1. THE OTHERS

    コイの恋の季節-アユサケ追うコクチバス軍団現る
  2. ACCESSORY

    思出鱒の黒鱒化と微笑鱒…そしてOtolith in
  3. LIFE

    「那珂川」の由来を考える【妄想考古学】
  4. AYU

    遡上鮎よくのぼってます…そしてモクズガニ
  5. FISHES

    サクラマスの産卵場を探しに2021
PAGE TOP