AYU

流星群のごとく、重圧い流れを越えてゆく

4月にはいっていい雨。
やっと。

鮎は鮭稚魚を越えて、栃木へ

あれからしばらく遡上がパッとしなくていたのでよかった…。
願いはかなうもの。

カジカガエルもすっかり鳴いて春全開。

カジカガエルを探していると…

カジカガエルの卵…じゃない、カジカの卵。
増水してたときに産んだんですね、すっかり陸になってしまったね…

きれいですね。

出水でよくでるのがアメリカザリガニ。

川底がずいぶんと洗われて、きれいになりました。
4月にはいって、水が減水しながら澄んでゆく中、鮎たちも着々と歩みをすすめております。

帯状の鮎の群れはまだまだとぎれとぎれ。
それでもコンスタントに次から次へとつづいています。

この日は小雨あいにくの天気。
早朝から2時間ほど観察しましたが、終始帯状を確認できました。
昼にまた様子を見に行くとやはり帯状がとぎれとぎれですが続いていました。
「僕が近づこうが動じない」、そんな帯状とまでは発達していませんが、これからといったところ。
うん、一安心。

そして、なんといっても、「うれしい」。

キラっキラっと体を輝かせながら、重く圧い流れを遡上してゆく姿。
まるで流星群。

また今年もこうしてみることができたこと、これは幸せなことです。
毎年毎年の出逢いを積み重ねてゆくうちに、想いはどんどん強くなる。
大切にしたい。

鮎の遡上も本格化してきたので、気になるカワウのねぐらだった場所へ。
数羽が利用中でしたが、糞などは見られず。

ちなみに昨年夏は250羽ほどの利用があったけれど、11月頭は100羽ほどを確認した翌日に夜間の大嵐で利用が途絶えていました。
さぁこれからどうなるか。
変わらずようすを見ていきたいと思います。

昨年同時期の遡上とカワウのようす、参考まで。

鮎の泉、伏流水でのひと時

向こうと…こっちと前のページ

断続的に帯、発達は出水のあとに次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. AYU

    天然あゆこパスタ【那珂川の味】

    秋ですね。渋柿がたくさんなってます。念願の柿渋も今年はタイミング逃さ…

  2. AYU

    那珂川天然鮎の遡上状況~栃木県茂木町~

    今年2021年の那珂川の天然鮎の遡上。前回までの様子では…茨…

  3. FISHES

    水がガラス化する瞬間に

    久々の秋の上流。遡上鱒の産卵の様子をみたくて。2年ぶりに『RIVER…

  4. FISHES

    ぬめり・髭・迷彩~泥濁りの那珂川水系~

    田植えの時期。どうしても那珂川水系は濁りがとれません。泥が田んぼから…

  5. AYU

    あれから10年、今日は最高の春遡日和

    あれから10年…あの日、那珂川にいた僕には、まさかきょうの今…

  6. AYU

    川香る鮎縄張る

    昨日のこと。ぷんと香る川のにおい。あ、変わったな。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

LATEST ARTICLES

  1. FISHES

    無数の0に儚くも1/3…那珂川サクラマス2022
  2. AYU

    時速1尾が生んだ新釣法~那珂川の友釣り~
  3. LIFE

    時が早いのか、僕が遅いのか
  4. FISHES

    マハゼの聖地で時速30
  5. HANDMADE WORKS

    ハンドメイド生態
PAGE TOP