AYU

【那珂川めし】干す焼く茶漬る…そして煮る

前回の那珂川めし。

めちゃうまだった茶漬けたち。

あわせておさえておきたい鮎料理。

干す

先ほどまで生きていたフレッシュな鮎を背開きに。

フレッシュな鮎の身はぷりぷりピカピカな艶。

表面の方はこんな感じ。

そしたら、塩水(水200mlに対して塩大さじ1)に30分ほどつけて…

(塩水の量は鮎の量によって変えればOK)

夏の天日を利用して3~4時間ほど干す。

表面の水分が飛んでこんな感じに干ささりました。

身の表面に浮かぶ脂よ…

透き通った身よ…

うまそうに干せました。

表面…まるで生きているときのような色合いがあります。

干されてもなお美しい…さすが鮎

焼く

水分が天日で適度に抜けていますので、身がしまっていてぷりぷり。
味はちょっとやや塩気が濃い目でしたが味も濃かったです。

そして…

茶漬る

もちろんお茶は自家製。

凝集された鮎のうまみ。
ぷりぷりの身を茶米でほぐしていただきます。

大変おいしかったです。

前回の塩焼きの鮎をのせた茶漬けのほうが、僕は好みでした。

まだおわりません・・・

煮る

新鮮な…

つやつやな…

淡い輝きをはなつ…

そんな鮎を・・・水で煮る。

脂が舞います。

味噌を加えれば完成。

鮎の味噌汁

味付けは水、鮎、味噌のみ。

たとえるならば、アサリの味噌汁に近い味。

一晩湧水かけ流しで飼ってフンだししたこともあって、内臓もぷりぷり。
もちろん身もほろほろふかふか。
程よい弾力というか崩れそうで崩れない絶妙な触感というか…。

朝一番に胃袋に入れたい「おはよう」の一杯にしたい味。

もちろん、塩焼きも最高ですが、様々な食べ方を楽しめるのが鮎。

いま、こうして手を伸ばせばなんとか手に入れることができる鮎ですが、どんどんとれる量も減ってくることでしょう。
気候の問題もありますが、身近な環境や自分たちの生活も大きく関係していると思います。
もちろん人間による漁獲圧も。

これからの川魚との付き合い方とは。
少しずつですが自分が思い描くビジョンにつなげられるように着実に活動を進めていきたいと思います。

「Zacco茶漬」からの「Ayu茶漬」前のページ

鮎の利き口~那珂川終盤~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. AYU

    こげにすんなや那珂川のアユ

    台風翌日の那珂川・・・アユは?橋と水面の高低差があまりなかっ…

  2. AYU

    那珂川のアユは僕を帰らせない

    朝霧、秋近し。台風がくる前に鮎釣りをしなくては。…

  3. AYU

    淡緑の那珂川を淡々と遡るアユ

    新緑の那珂川水系。岸壁にはイワタバコ。…

  4. AYU

    野生の姿を…那珂川にみた

    ちょい~と前の夏らしい秋。そんな秋も本格化し、川の様…

  5. AYU

    青ノロの有効活用を考える…前に…

    那珂川水系で猛威をふるっている青ノロ。正式名「カワシオグサ」。…

  6. HANDMADE WORKS

    マンモスを狩るのをやめた日

    それは今の僕たちのすぐそばにあるもの。様々な歴史を物語る遺品というの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

LATEST ARTICLES

  1. AYU

    遡上鮎よくのぼってます…そしてモクズガニ
  2. LIFE

    水まわり
  3. AYU

    【速報2021年初】那珂川天然アユ遡上確認!!
  4. ACCESSORY

    ランディングネット「MOLAR」那須の渓へ
  5. FISHES

    ナマズ半分青い
PAGE TOP