AYU

【那珂川めし】干す焼く茶漬る…そして煮る

前回の那珂川めし。

めちゃうまだった茶漬けたち。

あわせておさえておきたい鮎料理。

干す

先ほどまで生きていたフレッシュな鮎を背開きに。

フレッシュな鮎の身はぷりぷりピカピカな艶。

表面の方はこんな感じ。

そしたら、塩水(水200mlに対して塩大さじ1)に30分ほどつけて…

(塩水の量は鮎の量によって変えればOK)

夏の天日を利用して3~4時間ほど干す。

表面の水分が飛んでこんな感じに干ささりました。

身の表面に浮かぶ脂よ…

透き通った身よ…

うまそうに干せました。

表面…まるで生きているときのような色合いがあります。

干されてもなお美しい…さすが鮎

焼く

水分が天日で適度に抜けていますので、身がしまっていてぷりぷり。
味はちょっとやや塩気が濃い目でしたが味も濃かったです。

そして…

茶漬る

もちろんお茶は自家製。

凝集された鮎のうまみ。
ぷりぷりの身を茶米でほぐしていただきます。

大変おいしかったです。

前回の塩焼きの鮎をのせた茶漬けのほうが、僕は好みでした。

まだおわりません・・・

煮る

新鮮な…

つやつやな…

淡い輝きをはなつ…

そんな鮎を・・・水で煮る。

脂が舞います。

味噌を加えれば完成。

鮎の味噌汁

味付けは水、鮎、味噌のみ。

たとえるならば、アサリの味噌汁に近い味。

一晩湧水かけ流しで飼ってフンだししたこともあって、内臓もぷりぷり。
もちろん身もほろほろふかふか。
程よい弾力というか崩れそうで崩れない絶妙な触感というか…。

朝一番に胃袋に入れたい「おはよう」の一杯にしたい味。

もちろん、塩焼きも最高ですが、様々な食べ方を楽しめるのが鮎。

いま、こうして手を伸ばせばなんとか手に入れることができる鮎ですが、どんどんとれる量も減ってくることでしょう。
気候の問題もありますが、身近な環境や自分たちの生活も大きく関係していると思います。
もちろん人間による漁獲圧も。

これからの川魚との付き合い方とは。
少しずつですが自分が思い描くビジョンにつなげられるように着実に活動を進めていきたいと思います。

「Zacco茶漬」からの「Ayu茶漬」前のページ

鮎の利き口~那珂川終盤~次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史
  3. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!

関連記事

  1. AYU

    那珂川の流れとの平行線

    ほんとはクラフトのことも書き留めておきたいのですが、魚たちが、鮎たち…

  2. AYU

    川をきる

    川で釣りをしていると、どうしてもしたくなる、川きり。…

  3. LIFE

    「茶の味」八十八夜の那珂川水系

    カエル大合唱。そして30度近い気温。もう夏ですね。午前のさわ…

  4. AYU

    あの日僕らは別々の場所で同じ鮎を見た

    今から11年前。東日本大震災。ここ那珂川の遡上鮎も放射能の影…

  5. AYU

    密に点々と広がる縄張空間

    青ノロや病気の心配をしつつも、やはり解禁は那珂川にて竿だしを。…

  6. AYU

    カワウ入り浸りが引き起こす~カワ負スパイラル~

    カワウ、カワウ、カワウ、、、、。https://river…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

LATEST ARTICLES

  1. NATURE

    デローンでみる那珂川水系の秋
  2. AYU

    秋アユは若サイのごとし~那珂川の友釣り~
  3. HANDMADE WORKS

    「々」限りある時間のなかで
  4. MASU

    【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  5. LIFE

    360度廻ってin Motegi
PAGE TOP