AYU

那珂川鮎解禁2022

今年もまちにまったこの日がやってきました。
6月1日

那珂川の鮎解禁日です。

数日前のドカ水で結構増水した那珂川。
高水が続いていて、水温も低いですから、ゆっくり朝クラフトしてからの出動。
いつになく落ち着いて川へ車を走らせます。

道路を約50㌔で走行していると、後ろから白色の軽が近寄ってきて、アオリ。
クラクションを派手に3回ほど鳴らしたと思ったら、すごい勢いで追い越し。

すれ違いざまにどんな人が運転しているのかとみると、ばー様。
車の後ろにはシニアマーク、ちゃんとつけてます。

こんな田舎道で、ばー様にクラクション鳴らされ、あおられるなんて…
なんて日だ…こんな心痛む日に友釣り解禁とは…
整いませんね、心が。

そうは言っても、今日は鮎の解禁日であり、我が家の11周年記念日。
なんとか、家族分だけと、もちろん「下流しばり」の僕は、見渡す限り誰もいない、白っ川の子砂利底に囮を投入したのでした。

若い那珂川の天然鮎。淡い色彩、これぞまさしく天然。美しい!!

お察しの通り、たいそうな釣果ではありましたが…
何とか家族分揃えて、晩に初物の天然鮎をいただきました。

まだまだ若いですが、しっかりとした鮎です。

サイズはやや小ぶりですが、十分なサイズ。
何より天然ものの鮎の姿形、そして色彩はこの上ない美しさ。

その時が来れば、追星がでてくる状態です。

いつまでも見ていられる鮎。
ここ最近思うのが、やっぱり川っていいな。ということ。

日々変化する流れがある。
魚たちが海と川を行き来して、すれ違ったり、追い越されたり。
僕らにはどこにいるのかもわからないし、いつがタイミングなのか、予測が難しい。

そこには未知の世界があって、多様な環境と魚の複雑なライフスタイルが絡み合っている。
そこがいいのかもしれません。

しかし、この角度から鮎を見たことなかったですが、なんかすごいですよね。
鮎は鮎意外に…ないな。
意味不明ですが、鮎以上に鮎な魚はいないなと。

海から遡上してくる様子を観察していた僕としては、今日この日に、このように成長した鮎の姿を見ることができたことに、喜び、感動し、鮎の価値、命のすばらしさというものを改めて実感したのでした。

今シーズンは鮎が多いと感じているわけですが、なんかいい予感がしています。
実質、7月以降がシーズンだとは思いますが、鱒から鮎へ少しずつウェイトをうつしていこうかなと思っています。

そうはいっても、身がプルプルでやわらか~なこの時期の鮎も、これまたおいしいわけですから、ちゃんと釣らなければなりませんね。

鮎よさげなかんじ前のページ

無数の0に儚くも1/3…那珂川サクラマス2022次のページ

ピックアップ記事

  1. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  2. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. FISHES

    うきしずむ34年目に始めたこと

    34年間の人生の中でまだやってないことは…山ほど。やりたいこともたく…

  2. FISHES

    サイのパーマーク…そして那珂グリーン

    本題の前に柿渋の状況について。まだ9月中だったと思い…

  3. AYU

    【速報2020年初】那珂川天然アユ遡上確認!!

    那珂川天然遡上アユ調査。茨城県那珂西大橋下流…右岸。遡上アユ…

  4. FISHES

    スゴい…もうロコ

    秋の那珂川水系。御前山ダムの紅葉。そしてカワウのねぐら。いますね~魚…

  5. AYU

    陸バミ男~那珂川アユ遡上状況~

    那珂川水系。ちょっと前はヤマザクラがありましたが…http…

  6. FISHES

    マハゼの聖地で時速30

    マハゼやるなら東京。10月の江戸前ハゼ。もちろんクロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

LATEST ARTICLES

  1. ACCESSORY

    イノシシのキバレッタ~那珂川水系発おしゃらグッズ~
  2. FISHES

    細なサイの彩~那珂川マハシール~
  3. NATURE

    里山の春―ニホンミツバチの分蜂とスカイフィッシュ―
  4. AYU

    2尺のアユ~那珂川の友釣り~
  5. AYU

    鮎あゆる、秋晴の那珂川
PAGE TOP