NATURE

那珂川水系原産ニホンミツバチ―冬の蜂蜜―

気が付けば2020年。
あっという間の2019年でした。
とにかくチェンジした2019年。
そしてチャレンジしだした2019年。
残念ながら構築までは至っていませんが、焦りは禁物です。

2020年は「形に」したいです。

年が明けてから、初めての投稿です。
クリスマスに東京へ行ってハンドクラフトエキシビションにもいって以来です。東京は寒いけど、ま~だ秋を残してました。

年末から年明けは、みんな色々と体調を崩したりで、ちびっこたちと「やろう」と約束していたこともできませんでした。
春にちびっこと採集した粘土を七輪陶芸したかったんです。
長男は恐竜の牙の化石を焼くと言っていました。僕には無い発想でした。恐竜の化石ができる過程、粘土から焼き物を作る過程、そもそも粘土って?…化石を粘土で焼く?…なんか深い。ちびっこのためにも、そうそうに実現したいです。

・・・・そして、具合を悪くしていたのは僕たちだけではなかったようで。

・・・・

冬を越せなかったニホンミツバチ

この冬。
実家のニホンミツバチは残念ながら冬を越せませんでした。
巣箱の下に死んだミツバチが見られ始めてあっという間に全滅。

2019年は雨も多かったように思いますし、日照りの日も少なかったような気がします。蜜源が少なかったのでしょうか。また、スズメバチの襲来が多かったようで、冬までにミツバチの個体数が少なく、温めあえなかった、ということなのでしょうか?
ニホンミツバチの冬支度前に襲ってきた台風19号の影響もあるかもしれませんね。巣箱も多くが流されてしまいました。偶然なのか、理由があるのか、不思議とミツバチの入っていた巣箱だけはすべて流されませんでした。

ニホンミツバチはデリケートというか、巣が気に入らないならすぐに出ていてしまいますし、センシティブというか。
すぐに山へ帰れる環境に巣箱がある、というのも逃げられてしまう原因のひとつではあるかもしれません。一方で、それだけ山には巣に適した場所がある、ということなのでしょうか。

だから、巣箱で飼うことも難しい。
そして、得られる蜜の量も少ない。

とにかく、ニホンミツバチの蜂蜜は希少なんですね。

こころからの感謝の気持ちを込めて。
いただきます。

「冬の蜂蜜」
急遽、みちの駅もてぎにて追加販売しております。

冬の蜂蜜クッキー  ~満月の那珂川に泳ぐ青い魚たち~

ちびっこと、クッキーを焼きました。
那珂川水系原産ニホンミツバチの蜂蜜を練りこんであります。
那珂川のアユ、サクラマスなどをイメージしたクッキーです。
だいぶ焦げましたが、とても美味しかったです。
明日、知り合いにプレゼントします。

蜜蝋」も無駄なくとりました。
2020年はハンドクリームを作りたいです。

魚類妄想生態学会~サケマス分科会~前のページ

ぶっつけルアーからの脱却~10年振りのハンドメイドミノー次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. HANDMADE WORKS

    じるいじる季節かんじる(果実編)

    季節ごとに目につく実っ玉。がしかし、自分が認識しているよりもそれがで…

  2. HANDMADE WORKS

    マンモスを狩るのをやめた日

    それは今の僕たちのすぐそばにあるもの。様々な歴史を物語る遺品というの…

  3. NATURE

    火の玉が飛んだ夜~那珂川超常現象~

    台風19号台風19号通過。那珂川水系ではこれまでにな…

  4. AYU

    どんぶらこ~どんぶらこ

    うそでしょ。ふと川をながめにいったら…流れてくるという…。お…

  5. NATURE

    【小袋田の滝】春をさがしに

    沢です。上流に民家はなく、きれいです。…

  6. FISHES

    君が風に舞う髭かき分けた時の…

    思い出す…意味なく…変わらない香り……

コメント

    • 皆川 勇
    • 2020年 1月 12日 4:28pm

    めぐる季節の便りこれからもたくさん届けてください。
    子供達にもたくさんの挑戦をさせてください。
    昔は自然しか遊ぶところがなかったのですから。

      • River4129
      • 2020年 1月 16日 12:58pm

      はい。そうしたい、と強く思います。
      色々な形で自然を体験させてあげたいです。
      大人になっても、ふと、頭にうかぶ、残る、そんな
      ことが今できたらいいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

LATEST ARTICLES

  1. THE OTHERS

    大蒜油鯰煮(ダィサンユーネンニィ)
  2. THE OTHERS

    サイがみたセカイ~ジュラ紀と現代~
  3. AYU

    那珂川の神無に群れ舞う笹の葉アユ
  4. FISHES

    ナマズ半分青い
  5. AYU

    アユは夏にも遡上する
PAGE TOP