FISHES

見慣れない角度からシロザケ

2020年のシロザケの回帰状況は、あまりよくないような話を耳にします。
確かシロザケの存在に気づいたのは中学生のころ…もう20年以上前。
多い年は橋から見える範囲で100尾近く確認できたことを記憶しています。

2019年もあまりよくなかったシロザケ。
昨年は年齢査定やシロザケの色彩などの観察をしました。
おもちゃの顕微鏡でもちびっ子たちと十分に観察を楽しめます。
詳しくは「銀鱗のシロザケが放つ淡い色~那珂川の回帰鱒~」をご覧ください。

今年は…水中から産卵を撮影したいなと考えていましたので
水中撮影に1度だけチャレンジしました。

動画をどうぞ。

残念ながら、産卵行動は観察できませんでしたが、体の彩や鰭の動きなど、普段見ることのできない水中での様子をみることができました。

そして、真正面からのシロザケ。

だれ?
深海性の…魚のような…
まさか…「深海性サケ科魚類の存在【妄想進化論】」!?

正面から見た顔は個体で全然違います。鼻の曲がり具合が顔の表情の違いに強く影響しているように感じます。そして結構眼は飛び出してるんです。
こんな感じで正面からサケが群れで泳いで来たら怖いです。想像するだけで。

立派なオスです。
鼻まがり。牙もすごい。
口元のあたりを観察すると、シロザケの息づかいを感じることができます。
細かな斑点や色も。鰭の動き、眼の動きも新鮮。
川の匂いで回帰するとか…鼻の穴が立派。
ブナがでてますね。緑、紫、黒…結構「和」なカラーなんです。
たまに口を開けて何かしてます。かゆい?

普段見慣れない角度。
やはり気づかないことは多い。

もっとたくさん映像をとってじっくり観察したいところですが、タイムアップ。
来年に持ち越しです。

回帰は少ないにしてもちゃんと産卵はしていました。
来年も帰ってくるでしょう。

国交省では那珂川のアユ仔魚をはじめ、サケ稚魚の流下状況の調査を行っています。
サケ稚魚は2018年には3月に全体の93%が川を降った結果となっています。
過去の流下状況はわかりませんが、川を降る時期が本当に限られた期間だけだと海にでて、その93%のまとまった群れが何らかの原因で死亡するような状況に追い込まれた場合、数年後の回帰率というのはぐっと下がるのでしょうね。
これまではどうなのか、過去の流下状況と回帰状況の関係をぜひともみてみたいものです。

今年の那珂川でも調査が行われていましたね。
上の写真は確か10年以上前のもので、シロザケの掛け釣りの様子です。

アユもサケもたくさん無事に那珂川を降ることを祈るばかりです。
今年の調査結果が楽しみです。

さて、すっかりやれていませんが…ルアー製作も。

ありきたりですが…サケ稚魚のデザイン。

いつになるやら…。

幻のルリヨシノボリ前のページ

スゴい…もうロコ次のページ

ピックアップ記事

  1. 【速報】那珂川天然遡上アユ初確認!!
  2. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息する戻りヤマメについて
  3. 【魚類妄想生態学】那珂川に生息するサクラマスの生活史

関連記事

  1. AYU

    失わない逞しさ鮎の塩焼き

    まるで産卵しているかのような焼き上がりとなりました。焼かれても逞しさは…

  2. MASU

    那珂川サクラマス―平成最後の釣行―

    新緑とふじは雨の日に見るのがいい。平成最後の…

  3. AYU

    密に点々と広がる縄張空間

    青ノロや病気の心配をしつつも、やはり解禁は那珂川にて竿だしを。…

  4. FISHES

    時は刻々と、サイのヘッドボーンと…

    盆栽棚の楡欅にコケを。採取した大切な鹿沼土が流れ出さないように、適度…

  5. ACCESSORY

    【Bambrooch】中禅寺湖レイクトラウト四天王降臨

    那珂川水系産の竹でつくる鬼怒川水系中禅寺湖の魚たち。レイクトラウトの…

  6. AYU

    【速報2022年初】那珂川天然アユ遡上確認!!

    本題のアユの話はおいておいて…まずは…Googleデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

LATEST ARTICLES

  1. AYU

    新月と雨、一筋の流れに鮎を感じる
  2. FISHES

    サクラマスの産卵場を探しに2021
  3. FISHES

    時は刻々と、サイのヘッドボーンと…
  4. AYU

    那珂川の鮎という種、流域スキャニング
  5. ACCESSORY

    タラボにタマムシ~流雷鱒~
PAGE TOP